【写真用紙(フォトペーパー)・インクジェット紙】光沢紙との違いは?

写真や画像などをプリントしようと思ったとき、ズラリと並ぶ紙のラインナップを見て、どれを選べばいいか見当もつかない時があるかと思います。
写真用紙(フォトペーパー)とインクジェット紙と光沢紙、言葉からはなんとなくどのような紙かは想像することはできますが、明確に違いを説明できる人は多くないでしょう。

ここでは、それぞれの特徴や用途、違いなどを説明します。

テカッとした光沢を持ち鮮やかな印刷が可能な「光沢紙」

インクジェットプリンター専用の紙として設計された、多層構造の紙です。
ツルツル、テカテカとしたコーティングは、光沢を出す層やインクを吸収する層などからなります。
何も印刷されていない、真っ白な状態の写真の紙を想像すると分かりやすいと思います。

用途は、写真プリント、カレンダー、カタログ、リーフレット、ポストカード、メニュー、ポスターなどです。

写真印刷に特化した「写真用紙(フォトペーパー)」

光沢紙が写真印刷専用ではないのに対し、写真専用に設計されているのが写真用紙(フォトペーパー)です。

主にプリンターメーカーなどから販売されていて、単にフォトペーパーと表記していたり、高品質を謳うプロフェッショナルフォトペーパーや光沢を抑えたマットフォトペーパーなどがあります。

光沢はないがインクは滲まず綺麗な「インクジェット紙」

インクジェットプリンターで印刷するためのコーティングを塗布してあり、光沢はありませんが普通紙よりもキメが細かく、手触りの良いしっとり感のある紙です。
表面には、インクの吸収・速乾効果のある複数の層があり、プリント面でも普通紙より優れます。

ハガキ用に使われたり、良質なプリントをしたい場合のコピー用紙として使われます。

それぞれの紙の明確な違いはある?

「光沢紙」と「写真用紙(フォトペーパー)」は厚さに違いがあります。
「写真用紙(フォトペーパー)」は写真専用として設計されているので台紙的な強度を持ち、光沢紙よりも色の表現など、写真をより綺麗に見せることができます。

「光沢紙」と「インクジェット紙」の違いには、光沢の有り無しがあります。
写真を美しく見せるテカリのある「光沢紙」に対し、インクジェットで綺麗にプリントできれば良いという設計思想の「インクジェット紙」には光沢がなく、必然と印刷の鮮明さは「光沢紙」に軍配が上がります。

以上が写真用紙(フォトペーパー)とインクジェット紙と光沢紙、それぞれの特徴、用途、違いについてです。
写真印刷なら品質に合わせて写真用紙(フォトペーパー)か光沢紙を使い分け、インクジェットのインクが滲まない程度のクオリティを求めるならインクジェット紙を使いましょう。
スタンド看板