不動産の看板を設置しようとお考えの方へ!注意点をご紹介

不動産の看板を設置する際、注意点がいくつかあることはご存知でしょうか。
中には、あまり知られていないルールもあります。
今回は、不動産の看板を設置する際のポイントを紹介します。

□看板を設置する際に申請が必要になる場合

不動産の看板を設置する際、申請が必要になるケースをご存知でしたか?
申請が必要な場面で、無断で利用してしまった場合、撤去されてしまうこともあります。
不動産の看板を利用したいとお考えの際は、申請が必要な場合について知っておきましょう。

*敷地を超えている場合

看板を設置するときに、敷地を超えてしまう場合は、申請が必要です。
敷地を超えてしまう場合、道路占用許可と、道路使用許可の2つの許可申請が必要になります。
可動式の看板で、敷地を越える場合も許可をとる必要があるので、注意しましょう。

*大きい看板を設置する場合

大きい看板を設置する際も、申請が必要になります。
高さ4メートル以上の看板を設置する場合、看板の安全性や責任先を明確にするからです。
また、防火地域に指定されていると、看板の材料を不燃材にする必要があります。

□不動産の看板で利用できない言葉がある

不動産の看板を利用する際に、申請が必要な場合があることを解説しました。
看板を設置する際、使用する言葉にもルールがあることはご存知でしたか。
このルールを守っていないと、お客さんに悪い印象を与えてしまうことになるので、絶対に使用しないことが大切です。
具体的には、「完全」、「日本初」、「格安」、「完売」などの言葉を利用することが禁止されています。
これらの言葉は、公正競争規約によって使用を禁止されていることを押さえておきましょう。

看板に使用したい言葉がルールに違反していないか不安な方は、専門家に相談することをおすすめします。
ルールを守ることで、お客さんに信頼してもらうことにつながります。

また、当店は不動産の看板として適切なものを多く販売しています。
人気のある看板として、壁付け看板や、Aグリップがあります。
あらゆる空間に馴染み、視認性が高いので、集客率の増加を期待できます。
看板を効果的に利用したいと考えている方は、これらの看板の利用を検討してみてはいかがでしょうか。

□まとめ

敷地を出てしまう看板や、大きな看板を設置する際には、申請が必要になる場合があります。
また、利用できない言葉もあるので、看板を利用する際は、使う言葉に注意することも大切です。
不動産の看板を設置する際は、ルールをしっかりと守った上で、効果的に利用しましょう。

スタンド看板