スタンド看板(立て看板)を設置する効果・メリット

イベント会場や店舗の入り口付近に置くことが多いスタンド看板は、さまざまな形や種類があります。
スタンド看板ならではのメリットもあり、使い方次第で高い効果を得ることができます。

スタンド看板(立て看板)のメリット

スタンド看板は立て看板とも呼ばれ、様々な種類があります。

壁面看板や袖看板のように大掛かりな取り付けが必要ないため、設置が簡単で価格を抑えることができる点は大きなメリットとなるでしょう。
設置場所も限定されたスペースで十分です。

また、電子看板のように特別な設定も必要ありません。
夜間もスタンド看板を利用したい場合は、ライトを取り付けることで、おしゃれな雰囲気を演出することができます。

スタンド看板の中でもA型看板と呼ばれるタイプは、持ち運びができる重さのため好きな時に出し入れが可能です。
キャンバス式のように表示部分を入れ替えたりできるようなタイプであれば、その日ごとに違った情報をアピールすることができるでしょう。

手軽で費用面も抑えられるのが、スタンド看板の大きなメリットと言えるでしょう。

スタンド看板(立て看板)の効果

スタンド看板は、主に店舗や会社の入り口に面した道路などに設置されます。
歩行者と目線が合っているため、通行する人に対して大きな訴求効果を得ることができます。

そのため、スタンド看板には道行く人の興味を引くような情報を載せると効果的です。
メニューや価格、その時のお得情報などを見やすくわかりやすく表現すると良いでしょう。

また、中には店舗やイベント会場などが、大きな通りに面していない場合もあるでしょう。
そういった場合、スタント看板は道順の案内板としても効果を発揮します。
大きな通りにスタンド看板を設置し、矢印などで店舗や会場まで誘導することができます。

スタンド看板(立て看板)を設置する際の注意点

スタンド看板は、風の強い日に屋外で使用すると、風のあおりを受けて倒れる可能性があります。
スタンド看板用のウェイトを使うことである程度は防げますが、風の強い日の使用は控えると良いでしょう。

A型看板のようなタイプは、濡れたりするだけでも蝶番が劣化する可能性があります。
蝶番が劣化すると自立することが難しくなるので、部品交換や定期的な買い替えを検討するようにしましょう。

また、通行人にも簡単に手が届くので、情報を書き換えられるなどのいたずらをされることにも注意が必要です。
スタンド看板