看板の視覚効果を高めるには?PRに役立つ看板制作のコツ

看板に集客効果を期待しているなら、デザインには気を遣わなければなりません。
デザイン一つで、人がその看板にどのくらい興味を持つかが変わってきます。
デザインをなんとなく決めてしまっていませんか?
看板を作るなら、デザインのことを少しでも知っておくことをおすすめします。
今回は、視覚効果を高めるための看板制作のコツをご紹介します!

□色の決め方

*色はイメージを大きく左右する

看板のデザインでまず気にしたいのが、色についてです。
人は、看板に書いてある文字よりも、色を先に認識します。
目にぱっと飛び込んでくる色が、そのまま看板のイメージを決めてしまうこともあります。
色の選び方は、イメージ全体に影響するのです。

*色の決め方

色にはそれぞれ固有のイメージがあります。
赤は情熱的で力強いイメージ、青はクールでビジネスライクなイメージなど、色から連想するものがありますよね。
それを、看板のイメージに生かしましょう。

*色の数

複数の色を同時に使うこともできれば、一色だけでまとめることもできます。
基本的に、色を多く使えば使うほど、イメージはぼやけてしまいます。
できれば、1~5色の間で使うとよいでしょう。
またそれぞれの色を、ベースとして使うもの、アクセントとして使うものに分類しましょう。
アクセントに使うものは、比較的目立つ色を少しだけ使うと効果的です。

□要素の大きさ

*文字や図をどう配置するか

看板には、伝えたいメッセージやイメージを伝える図、写真を使います。
そこで、それぞれを配置する場所に関する問題が生じます。
この配置にも、ある程度指針があります。

*コントラストを付ける

基本的に、伝えたい内容を大きく、そうでないものを小さく表示するようにしましょう。
つまり、初めに情報の順序をつける必要があります。
どの情報を伝えたいのか、重要度を整理しましょう。
順序を決めた後に、大きさを変えるのですが、はっきりわかるように変えておきましょう。
一番伝えたい内容は、遠くから見てもわかるくらいにすることで、よくなります。

 

□まとめ

看板は店舗のイメージを伝える方法の一つです。
その方法として、まず意識してほしいのは看板の色です。
色は人の目に飛び込んでくるので、イメージを大きく左右します。
また、情報に優先順位をつけて、コントラストをつけるのもおすすめです。
看板の中で「一番伝えたい情報」や「補足する情報」などを自分の中で整理しておきましょう。
内容が伝わりやすい看板にできるとよいですね。

アイボード特集

電飾サインスタンド