ディスプレイ看板のカラー選びのポイントとは?|飲食店の経営者必見

「ディスプレイ看板のカラー選びのポイントって?」
「ディスプレイ看板の配色について知りたい」
飲食店を経営している方の中には、このような疑問や悩みをお持ちの方は非常に多いです。
今回は、ディスプレイ看板のカラーについて詳しくご説明します。

□カラー選びの重要性とは?

看板を設置する際には、色選びが非常に重要です。
色と人間に働きかける心理的な効果は密接な関係にあります。
そのため、お店や商品のイメージに基づいて、適切なカラー選びをする必要があります。
看板を作製する際には、宣伝したいものが見やすいことはもちろんですが、購買意欲をそそるものにする必要があります。

□テーマカラーを決める

看板のイラストを決める際にはテーマカラーを決めましょう。
お店や商品、環境といった様々な要因から決めることがおすすめです。
例えば、アイスクリームを売る場合は、青系の色を中心に使用すると良いでしょう。
これは、青色自体に寒さを感じさせる効果があるからです。
また、テーマカラーはデザインの中で最も重要なものなので、複数人で話し合って多角的な観点に基づいて決めることをおすすめします。

□色の構成

まず、色は「色相」と「明るさ」と「鮮やかさ」で構成されています。
このような色の基本的な構成を理解することが大切です。
また、色の相性を理解するためには「色循環」を利用しましょう。
色循環とは、「赤→赤燈→黄燈→黄色→黄緑→緑→青緑→緑青→青→青紫→紫→赤紫」で一周する色の移り変わりです。
これを円周上に等間隔に並べた場合、真反対に位置する色は補色と呼ばれ相性が悪いので一緒に使わないようにしましょう。
例えば、赤と青緑は相性が悪く、一緒に使用すると統一感がないように見えてしまいます。

 

□色の移り変わり

看板の中に、濃淡の違う同じ色彩を使用する際には、一方の方向からもう一方の方向へ「薄い色から濃い色」の順に並べると良いとされています。
この移り変わりを使用すると、視覚的に自然な構成になるでしょう。
このように、同じ色を使用する際にも順番や位置によって得られる効果が変わります。

□まとめ

今回は、ディスプレイ看板のカラーについてご紹介しました。
看板のデザインを決める際には、色の関係や効果をしっかりと考慮しましょう。
また、色について疑問があれば看板の作製を行なう業者に尋ねてみましょう。
飲食店の集客において、看板は非常に重要です。
自分のお店の特徴を的確に伝えられる看板を設置して、集客アップにつなげましょう。

アイボード特集