周りの美容院と差別化する方法|看板がおすすめな理由をご紹介

「最近周りに美容院が増えている」
「周りの美容院と差別化したい」
このようにお考えの方はいらっしゃいますか?
同じ業種の店が周りにできると、自動的にお客さんが減りますよね。

この記事では、周りに同じ業種の美容院が出来た場合、どのようにして差別化を図るのかについてご紹介します。

 

□美容院の店舗数は増加し続けている

平成元年の店舗数と比べると、美容室は約6万店増えました。
専門学校の増設など身近に美容について学べる機会が増えたため、美容師が増加し、その結果店舗数が増えたのです。

また現在でも美容室の数は増え続けています。
そして問題となるのが、新規顧客獲得の難しさです。
しかし、美容室が数多くある現在は、他の店舗との差別化を行う必要があります。
ではどのようにして差別化を行うのでしょうか。

 

□他の美容院と差別化を行う方法

*サービスの幅を広げる

美容室は確かな技術も大切ですが、技術の他に様々なサービスがあると良いでしょう。
例えばお客に合ったシャンプーやリンスを提案することもサービスです。
サービスというプラスアルファがあれば、お得感を出せるだけでなく、お客とより深く関係性を築くことができますよ。

またどれだけ既存の顧客をキープしてみ、新規顧客が来てくれないと意味がありませんね。
そのためどのようにして新しいお客を獲得するかについては特によく考えましょう。

ではどのようにして新たなお客を得るのでしょうか。

*看板を作成する

初めてのお客様にも安心して入店してもらる雰囲気にするため、看板やポスターでのアピールをしましょう。
看板には明瞭な価格の案内や、お店のコンセプトなどを書くと印象が良いでしょう。

おすすめする看板は当社で作成しているiBoard(アイボード)という看板です。
iBoard(アイボード)なら、フレームカラーや盤面カラーも選べます。
「清潔感」「おしゃれな雰囲気」などアピールしたい印象を看板から演出でき、きっと親しみやすいお店に思ってもらえます。

また店頭に看板が一つあるだけで、お客さんは店に格段に入りやすくなりますよ。

アイボード特集

□まとめ

今回の記事では、周りの美容院と差別化を行う方法についてご紹介しました。
美容院の店頭に効果的な看板を作成することで、他店との差別化を十分に狙えます。
また看板を出すことで美容院の認知度がぐっと上がるでしょう。

差別化のために看板作成を考えている方がいらっしゃれば、ぜひお気軽に当社までご連絡くださいね。

サインスタイル