道路に看板を設置する際のポイント|集客効果を高めよう

「飲食店を経営しているのだが、なかなか客の数を増やすことができずに困っている」
「道路に看板を設置する際にどのような点に気をつけなければならないのか分からない。具体的なポイントを教えて」
このように考えている飲食店経営者の方は多いのではないでしょうか。
仕事が忙しくて時間がとれず、なかなか解決できないかもしれません。
そこで、今回はそのような方のために集客に効果的な看板を道路に設置する際に、普通の看板と違って気をつけるポイントをお伝えしていきます。

□集客力の高い看板を設置しよう

看板を設置するだけでは、多くの客を集めることは難しいです。
他の看板との差別化をしたりより看板の前を通る人の目に留まるようにしたりしなければなりません。
では、集客力を上げるためのポイントを見ていきましょう。

*車に乗っている人に見えやすいようにする

車に乗っている人の場合、歩行者よりも周りを注意深く見ていません。
そのため、普通の歩行者よりもなかなか看板を見てくれないことが考えられます。
そのため、車に乗っている人の目にとまりやすいように、文字を普通のサイズよりも大きめに表示する必要があります。
大きめのサイズにすることで、お店を知ってもらうことができ、集客力アップを期待することができます。

*矢印を用いる

矢印を用いてお客様を誘導することは単純に思えるかもしれません。
しかし、矢印のある看板は矢印がない看板よりも集客力が10%も高いということが証明されています。
そして、矢印の角度にもポイントや意味が込められています。
例えば地下1階にお店がある場合、お店に誘導する看板に斜め下の矢印を用いるだけで「地下にお店がある」ということを連想させることができます。
反対に、2階にあるお店は斜め上の矢印を用いるなど、矢印一つにも様々な種類があります。

*7秒ルールを意識する

看板設置の際の基本的なルールに「7秒ルール」というルールがあります。
通行している人が7秒間で理解することができる看板を作ることが大事です。
また、7秒の間に看板に書かれている内容がしっかりと伝わるように、簡潔な文章にしておくことも重要となってきます。

*看板に示す内容を考える

看板に店名だけが大きく示されていると、見ている人は、「結局この看板の店が何をしているのかが分からない」と思ってしまい、集客効果を期待できません。
なので、看板には、その店の業種を分かりやすいように記載しましょう。
また、定期的にポスターの内容を変更することもオススメです。
例えば、「今月だけの期間限定メニュー」や「無くなり次第終了」などの記載がある場合、限定感を打ち出すことができます

定期的にポスターを交換される方にオススメなのが「アイボード」という商品です。
簡単4ステップでポスターの差し替えが行える仕様になっております。
また、サイズ展開も豊富なので利用用途によってお選び頂けます。
気になりましたら以下よりご覧ください。
https://www.sign-style.com/shop/products/list?name=アイボード

□まとめ

集客に効果的な看板を道路に設置する際に、普通の看板と違って気をつけるポイントをご紹介しました。
単に看板を設置するだけでは、本当の集客力アップは見込めないので、上記の点を意識して看板を設置するようにしましょう。

スタンド看板