集客をアップさせたい方は必見!看板で集客するポイントとは?

「看板で集客数をもっと伸ばしたい。」
「看板で集客率を上げるには、どうしたらいい?」
このように、お考えになったことはありませんか?
看板で集客数を伸ばすことは、可能です。
そして、そのためにはいくつかのポイントを押さえる必要があります。
今回は、そのポイントについてご紹介いたします。

▢看板で集客率をアップさせる方法とは?

看板で集客数を伸ばすためには、次のポイントを押さえることが重要です。

*お客様の目を引かせるところに設置する

看板を作成しても多くの方々に見てもらわなければ、意味がありません。
そのため、人通りの多いところに設置するのが良いでしょう。
例えば、道路がある場合は、車に乗っている方が通り過ぎる際、目に留まりやすい位置に設置するといった工夫が有効で、その点でいうとLED付きの電飾看板は目に留まりやすいです。
また、歩行者が多いときは、目線の先に看板が見えるように低い位置に飾ることをおすすめします。
その他にも、遠くからでも見えるような位置に設置するのも工夫の一つです。
看板を設置して認知度を上げることが目的なので、お客様が視界に自然と入るような設置場所を選ぶ必要があります。

*お客様が印象に残りやすいデザインにする

設置場所が確定したら、看板のデザインを考えなければいけません。
その際、一番に考えることは目立つ看板を作成することです。
自分の店舗のことだけ考えるのではなく、他の店舗のことも意識しながら差別化をはかるように看板に入れる文字を考え、目立つ看板を作成します。
また、遠くからでも見えるように、文字が読めるデザインにすることも重要です。
文字にこだわりを出しすぎて、何が書かれているのかわからないといった事態にならないように、シンプルかつ印象に残るような表記にすることをおすすめします。
また、コンセプトや店舗の特徴も表しておくと、アピール力は高まります。

例えば、魚を専門とした料理店であれば、看板を魚型にするといったようなものです。
このようにして、お客様の認知度を上げるように工夫してくださいね。

*お客様の心理を先取った内容にする

デザインが決まれば、表示内容を考えていきます。
このとき、ただお店の特徴を述べるだけでは物足りません。
なぜなら、お客様のニーズに沿う必要があるからです。
そこで、「AIDMA」に基づいた情報を記載するのがおすすめです。

「Attention(注目)」とは、お店の存在位置をアピールします。
看板に照明を当てたり、インパクトのあるデザインでここにお店があることを宣伝します。

「Interest(興味)」は、お客様にお店の興味を持たせることです。
どんなお店なのだろうかと思わせることが、コツとなります。

「Desire(欲求)」をお客様に抱かせることも大切です。
飲食店であれば、「食べたい」と思わせるような工夫をしましょう。

「Memory(記憶)」は、お店に来たお客様に次回も来たいと思わせるように、忘れさせないための工夫です。
または、看板を見ても忙しくて来店できなかったときに、次回来てもらうようにする工夫でもあります。

そして、「Action(行動)」を起こさせます。
入店するかどうかは、お客様次第です。
しかし、これまでの条件を守れば、その効果は飛躍的にアップします。

▢まとめ

以上、看板で集客率をアップさせる方法をご説明しました。
これらのポイントを押さえた看板を作り、集客アップに努めて下さい。
弊社ではポスターデザインの作成スタンド看板デジタルサイネージなどの幅広い店舗装飾の販売を行なっております。
お気軽にお問い合わせください。

スタンド看板