飲食店で集客をしたい方へ!目立つ看板を作るための配色とは?

集客は、飲食店を経営する上でとても重要です。
そのため、たくさんの集客方法を各店舗は行っていると思います。
その一つに、看板で客数を増やす方法があります。
目立つ看板を作れば、人々の印象に残り、認知度が高まるという仕組みです。
では、そのような看板を作るにはどうすればいいのでしょうか?
そこで今回は看板の作成において重要な配色についてご紹介します。

▢目立つ看板の配色とは?

看板は人の目が惹きやすいように、目立たせる必要があります。
そのための色使いは、どのようにして決めたらよいのでしょうか?
それは、次のポイントを押さえることです。

*色の組み合わせ

まず、色を組み合わせて配色を決めていきます。
配色を目立たせるには「純色」を中心に鮮やかな色を組み合わせていきます。
「純色」とは、白や黒を一切含まない色のことで、例えば赤色や青色などの色のことです。
最も純粋な色ということで、強い印象を与えやすい色となっています。
ただし、色を組み合わせるときは、強い色同士がぶつかり合って見にくい色になる可能性があるため、注意しなければなりません。

また、「補色」という種類もあります。
色の総体を円状に順序立てて並べた色相環において、正反対に位置する色を組み合わせたものを補色と言います。
赤と緑、青と橙色といった組み合わせが例として挙げられます。
ただし、補色同士の色を背面と前面に使うことは避けたほうが良いでしょう。
補色は反対色でもあるため、相反して見てみると落ち着かない配色に仕上がってしまうからです。

これらをもとに、補色同士の色を組み合わせたり、純色を用いて明度さのある色同士を組み合わせたりしていきます。
そこに、白や黒を加えると、柔らかい雰囲気や渋い雰囲気になったりと、工夫できます。

▢各色の特徴

ここで、さらにバランスの良い配色となるように、代表的な色の特徴をご説明いたします。

*赤系

赤色は、一番目立つ色です。
エネルギッシュで活動的な印象を与えます。
黒や黄色を与えるとさらに目立たせられるので、賑やかな店舗の場合はこの配色を使うと良いです。

*青系

青色は、「清潔」や「誠実」の印象を与えるイメージを持っています。
そのため、スポーツ店やビジネス企業といったところに使われることが多いのです。

*黄色

黄色は、警告を表すときに使われることが多く、交通標識がその代表的な例として挙げられるでしょう。
つまり、赤と同様に人々の目に留まりやすい色となっています。

*緑色

緑色は、心身のバランスの安定さをアピールする印象が強い配色です。
主に、薬局で使われることの多い色です。
清潔な店舗だというイメージを伝えたいときに使用すると良いでしょう。
さらに、アピールしたいときは、橙色を組み合わせるのがおすすめです。

▢おわり

以上、目立つ配色を組み合わせた看板を作成する方法をご紹介いたしました。
その他にも、色で目立たせる看板を作るコツはたくさんあります。
看板の作成をお考えの方は、ぜひ私たちにお問い合わせください。
いつでもお待ちしております。

ポスターパネル