スタンド看板(立て看板)の種類と特徴

スタンド看板(立て看板)には、いろいろな種類があります。
多くの種類があるのは、それだけ特長に違いがあり、用途が広くなってきているということになるでしょう。
スタンド看板(立て看板)の種類や特徴を知って、効果的に活用できるようにしましょう。

基本となるA看板

スタンド看板としてポピュラーで、飲食店や不動産屋など様々なお店の店頭で見かけるのがA型看板です。
横から見ると、アルファベットのAのように見えることからA型看板と呼ばれています。

素材はアルミや木製のタイプがあり、木製のものは黒板のようにチョークやマーカーで手書きで文字やイラストを入れることができます。

広告を表示する面にも種類があり、両面表示タイプは、道行く人に両サイドからアピールできるというメリットがあります。
片面表示タイプは、正面のみのアピールになってしまいますが、店頭にスペースがあまりない場合に活躍してくれます。
夜も営業している店舗であれば、LEDタイプを取り入れてみるのも良いでしょう。

バナースタンドやT型スタンド看板

バナースタンドはスタンドに印刷幕をつけることができる看板で、A型看板のように脚を広げるスペースのない場所でも活用することができます。
印刷面が大きいのが特徴で、少ないスペースで最大限のアピールができるのが特徴です。

印刷幕は取り外しができ、脚を折りたたむことでコンパクトになり持ち運びにも便利です。
また、印刷幕をロールアップするタイプのバナースタンドもあります。
どちらも軽量で持ち運びが可能なことから、店頭などの固定された場所だけでなく、イベントや展示会にも移動させて活躍させることができます。

同じような形ですが、印刷幕ではなく、パネルをはめ込むために作られたT型スタンド看板もあります。
また、T型スタンドにゆるやかなカーブをつけたタイプが、カーブサインやR型看板と呼ばれるタイプです。

カーブサインは片面にしか広告を載せることができませんが、独特なカーブが目を引くデザイン性の高い看板です。

特殊なスタンド看板

T型スタンドとは違い、シンプルな構造で、1本脚になっているポールスタンドやメニュースタンドもあります。
室内であれば天候の影響を受けないため、こうした看板でも十分に役割を果たすことができるでしょう。

もっと特殊な形状で、空気で膨らませるエアー看板や、室内などのパーテーションを使った展示システムなどもスタンド看板の一種です。
特殊な形状のものは、設置条件が限られることがありますが、条件さえ合えば他の看板よりも目を引くものとなるでしょう。

スタンド看板(立て看板)と一言でいっても、種類や用途は様々です。
必要に応じて選ぶことができれば、効果もそれぞれ違います。
どんな条件下に置くのかも考え選ぶことが大切です。
スタンド看板