ラーメン屋の看板におすすめの種類や特徴とは

ラーメンは日本人の国民食と言われるほどで、ラーメン屋のない街はないと言っても過言ではないほどでしょう。
そんなラーメン屋の看板におすすめの種類や特徴とは、どのようなものなのでしょうか。

ラーメン屋の看板の特徴とは

ひと昔前のラーメン屋の看板といえば「赤」や「黄色」がイメージカラーでした。
四角い渦のような「雷文」や「双喜文」などの模様をあしらった看板もあり、いかにも「ラーメン屋」という看板が目立ちました。

しかし、近年ではお店独自のこだわりを持ったラーメン屋が増え、黒と白を基調とした看板や、手描きのような毛筆体で店名を書くようなラーメン屋も増えてきています。
そのため今や赤い看板は「昔なつかしのラーメン屋」、もしくは「町の中華屋さん」というイメージで、白黒でおしゃれな看板は「こだわりのラーメン屋」というイメージで見られることが多いようです。

ラーメン屋におすすめの看板

看板にはいろいろな種類がありますが、その中でもラーメン屋におすすめの看板を紹介します。

のぼり

ラーメンには様々なジャンルがあります。
「とんこつ」や「家系」など、店名の他にラーメンのジャンルをのぼりに記して店舗前に飾ったり、「生ビール」や「餃子」などキャッチーな言葉でお客様を呼び込む効果があります。

A型看板

A型看板は店のメニューを知ってもらうのにピッタリの看板です。
ランチのお得なセットメニューやトッピング、定食メニューなどを掲載すると、通りすがりの人にもアピールできます。

電飾看板

電飾看板には、看板そのものが光る内照式のタイプと、看板の周辺にネオンがついた外照式タイプがあります。
お酒を飲んだ後に締めのラーメンを…と考える人には、ラーメンのネオンサインは非常に魅力的な誘惑となります。
繁華街にある店舗ならば是非とも導入しましょう。

模型看板

ラーメンのどんぶりから湯気が漂っていたり、麺が箸で持ち上げられて動く看板を見たことはありませんか?
インパクトの強い看板は、お客様の興味関心を引きつける効果は絶大です。
まずはお店があることを知ってもらわなければ始まらないので、看板でうまくアピールし、あとは味で勝負!となれば理想的ですよね。

ラーメン屋は和食やイタリアンのようにメニューが豊富なわけではなく、ラーメン1本で勝負をする傾向にあります。
せっかくの自慢のラーメンなのにも関わらず、看板で「〇〇屋らーめん」など、屋号とラーメンの文字だけではラーメンに肥えたお客様は足を止めてはくれません。

例えば「丸どりスープの極上塩らーめん〇〇屋」や「特製ブレンドみその極上らーめん屋〇〇」など、何が売りのラーメンかポイントを抑えた看板づくりが必要となります。
とはいえワードの詰め込みすぎも敬遠されてしまうので、いくつかパターンを考えて最適なアピール方法を検討しましょう。

アイボード特集