バレンタインの装飾・ディスプレイにおすすめのツール5選

恋する人を応援する日であるバレンタインは、女性をターゲットとした市場の中では一年を通してトップを争う程に熱量のあるイベントと言えましょう。
この熱量を商売につなげない手はありません。
バレンタイン商戦を勝ち抜くためのバレンタインの装飾・ディスプレイについて紹介します。

バレンタインの装飾とは

バレンタインの装飾の大きな特徴と言えば、ずばり「ハート」です。
イメージカラーは「赤」「ピンク」「オレンジ」など熱量の高い色が好まれます。

ハート以外ではバラの花やテディベア、大きなリボンなど、女性心をくすぐる演出が多く装飾にちりばめられています。
とにかく豪華に派手に「愛」をアピールする売り場もあれば、キュートでポップにまとめた売り場など、演出の技法もターゲット層に合わせてディスプレイできるのが特徴です。

バレンタインの装飾・ディスプレイにおすすめのツール5選

バルーン・エアポップ

真っ赤なハートはバレンタインの象徴でもあります。
バルーンやエアポップでハートをたくさん飾れば、それだけでワクワクしてしまいますよね。

シンプルなハート型からローズの造花で飾られたハート、チョコレート型やくちびる型といったユニークな形などバリエーションも様々です。
デパートなどの大きな売り場では、バルーンアーチも人気です。

プリーツハンガー

ペナントやフラッグは売り場の周辺や店舗の壁面を飾る装飾アイテムです。
バレンタイン用のペナントはハートやリボン、キューピッドの形が多く、にぎやかに売り場を演出すること間違いなしです。

タペストリー

バレンタインデーをアピールするにはタペストリーは欠かせません。
ハートをデザインしたイラストや、「Valentine2.14」といったロゴが印刷されたタペストリーを売り場の近くに飾って誘導したり、店内に飾ってアピールすることが可能です。

ガーランド

ガーランドは壁面を飾る装飾です。
ハートに重点を置きがちなバレンタインですが、ガーランドでは真っ赤なバラの花や、祝福するキューピッドなどを飾ることによりバレンタインムードを演出します。

卓上装飾

テーブルに置けるタイプの装飾です。
おしゃれなデザインのスタンドやかごに赤やピンクのバラを飾ったり、ハートのデザインのオブジェを飾ったりなど種類も豊富です。
商品のショーケースの上や、レジの横にちょこっと置くだけでも、バレンタインの雰囲気を演出することができます。

バレンタイン装飾のポイントや注意点

最近は季節を先行してのディスプレイが流行りですが、バレンタインはいつ頃からディスプレイを開始すれば良いのでしょうか。
一般的には、早くて正月明け1/10以降から始めているところが多いようです。

特にメインのチョコレートをはじめとしたお菓子を販売している店舗では、早い段階でのアピールが必要となります。
売り場をディスプレイする場合は、あれもこれもと取り入れるのではなく統一感を出すことが重要です。

お客の視線を意識して、ディスプレイ用品を高い位置に取り付けて見やすくしたり、入り口から店の中まで誘導できるような導線づくりも忘れずに行ってください。
女の子同士があれこれと会話しながら自分好みのチョコレートを選べるコーナーづくりを意識して、積極的に装飾ツールを取り入れてみましょう。

アイボード特集