カーディーラーの装飾におすすめのツール5選

新車や中古車など、車を販売しているショップ「カーディーラー(自動車ディーラー)」では、お店をどのように装飾しているのでしょうか。
おすすめの車に合わせたり、季節ごとにディスプレイに変更したり、お店によってそのイメージは異なっています。

基本的に車は高い買い物の一つです。
店内装飾や看板によって、お客様の購買意欲を少しでもアップさせられるなら、費用対効果は大きくなるでしょう。

では、カーディーラーにはどのような装飾がおすすめなのか紹介していきます。

その時々に合わせて変えられる「季節の装飾」

車は、春夏秋冬関係なく走るものですが、店内の装飾は季節を意識した仕様にしましょう。

夏ならひまわりいっぱいの空間に、秋なら真っ赤に染まった紅葉で埋め尽くすなど、その季節に合った装飾をすれば、カラフルな中に車が映え、より車が魅力的に見えるでしょう。
また、ひまわり畑の中を走る爽快なドライブや、優雅な紅葉ドライブなど、走っているシーンを想像しやすくなるのもポイントです。

装飾のツールとしては、プラスチックの造花や生花を使い分けて下さい。

ピンポイントで活用する「イベント装飾」

日本には一年を通していろいろなイベントがあるので、その盛り上がりを利用しない手はありません。

日本古来より伝わるひな祭りや節句、十五夜のお月見などは、どの年代にもイメージが伝わりやすく、特にひな祭りや節句風に店内を装飾すれば、お子様のいるご家庭用の車販売では、効果大でしょう。
七夕では、短冊を書いてもらうなど、お客様を上手に巻き込んだ楽しいイベントにすることもできます。

それぞれ、天井から吊るすペナントやバナー、リース、タペストリーなどが活用できます。

大きなガラス張りは「ショーウィンドウ」として活用

カーディーラーの多くが、通りに面して大きく取られたガラス窓を持ちます。

この窓は告知・広告・宣伝のスペースとして大きく活用することができます。
オリジナルデザインのシートやステッカーなどを制作して貼れば、期間限定の広告や、その時におすすめの車の宣伝などができます。

空間を華やかにする「バルーン」

カーディーラーのショップは天井が高く、ゆったり空間であることが多いですが、その空間も装飾にとっては使えるスペースとなります。
おすすめの車種の文字や、花・ハートなどにかたどったバルーンを設置することで、その車のイメージを印象づけることができます。

イベント告知や誘導に使える「看板」

看板は告知や誘導などの実用的な面と、装飾面の両方で活躍します。

たとえば黒板看板での告知は、手描きならではの温かみがあるので、そのショップの親切さや親身な接客などをアピールできます。
また、看板自体に花や電飾を付けて装飾することで、店内を華やかにすることもできます。

他にも、カーディーラーは店舗のサイズが大きい場合が多いのため、店舗の入り口などをわかりやすくする、誘導の役割をもたせることもできます。

車は高い買い物だけあり、お客様は車だけではなく、店舗の様子やスタッフの質などを厳しい目で見がちです。
店内装飾によってしっかりアピールすることで、お客様の見方も柔らかくすることが期待できます。
ただし、あまり派手に装飾しすぎると、高級な買い物をする場としてふさわしくない印象になることもあるので、装飾のバランスには注意しましょう。
アイボード特集