ウィンドウサイン(看板)の特徴とメリット

お店や施設の路面に面したガラス窓や自動ドアは、実は格好の広告掲示場所です。
それらの広告や宣伝は、主に窓に掲出されることから「ウィンドウサイン」と呼ばれますが、その内容はショップの名前を大きくアピールしたり、店舗の営業時間や定休日などの基本的な情報を掲載したりと様々です。

ここでは、職種や伝えたい事柄によって色々とバリエーション豊かに掲出できる、ウィンドウサインについて紹介します。

窓やドアの装飾で広告や宣伝を行うウィンドウサイン

お店のガラス窓には、ほとんどの場合何らかの装飾がなされています。
それは文字だったり、すりガラスで中を見せないように配慮したものだったり、フルカラーのシートだったりと様々です。

いずれの装飾もお店のイメージを良くしたり、商品のアピールをしたり、店舗の情報を伝えたり、集客に使ったりと、様々な効果が期待できます。

目的別に色々な種類があるウィンドウサイン

最もポピュラーなのは「カッティングシート」によるウィンドウサインです。
ガラス窓にシートから切り出した文字を貼るタイプで、文字で店名などのアピールをしつつ、文字以外の透明部分で店内の様子を見せることもできます。

「カッティングシート」に「すりガラス調シート」を組み合わせたタイプもあります。
内部の様子をうっすらと見せて雰囲気を伝えつつ、外の目線からお客様のプライバシーを守れるもので、接骨院や整体院、クリニック、美容室などに適しています。

「内貼り塩ビシート」はカラー入りの大きなシートでガラス窓の全面や大部分を覆いたい時に使います。
カラフルな色や大きな文字、画像などを使ってのアピールが可能で、路面店のほかにも、ビルの2階以上の窓などにも使われます。

ウィンドウサインのメリット・デメリット

ウィンドウサインは窓を看板として使えるという点で、お店のスペースを有効活用できるというメリットがあります。
お客様の目に触れやすい入り口という場所を装飾することで、お店のイメージを強く印象づける“顔”的な役割を果たすこともできます。

デメリットとしては、情報の詰め込み過ぎやお店のイメージに合っていないものを掲げてしまう危険性があることです。
あれも伝えたい、これも伝えたいと色々な情報を載せると、見る側には伝わりづらく、「なんだかごちゃごちゃした店だな」というマイナスイメージを持たれてしまうかもしれません。

伝えたいことをシンプルに、そしてお店のイメージに合ったウィンドウサインを心がけ、デザイナーなどとも相談して、素敵なウィンドウサインを作り上げて下さい。
アイボード特集