カッティングシートをキレイに剥がす方法とは

カッティングシートは、非常に耐久性の高いシートです。
一度使用すると簡単には剥がれないのが特徴です。
そのため、カッティングシートを剥がす際には、ゆっくりと丁寧に対応する必要があります。

窓に貼ったカッティングシートの剥がし方について、順番や注意点について確認していきましょう。

熱を通すときれいに剥がれる

カッティングシートの特性として、熱を加えると柔らかくなる特性があります。
ドライヤーなどでカッティングシートに熱を当てながらゆっくりと剥がしていくことで、下地に傷をつけることなく剥がすことができます。

もし、範囲が広いのであれば、熱湯をかけるという方法もあります。

どんな道具を用意すればよい?

カッティングシートを剥がす上で必要な道具としては、ヘラやシール剥がしスプレーがあります。
シール剥がしスプレーをまんべんなくシートにつけていき、ヘラで端からシートをめくっていきます。
糊などが残っている場合は、ドライヤーで糊を溶かすことも効果的です。

それでも残ってしまうようであれば、もう一度糊のところにシール剥がしスプレーを使用し、綺麗なタオルを使って拭き取ってから剥がしてください。

下地がプラスチックの場合は、除光液や消しゴムなどでも対応できますが、剥がれにくさを感じるでしょう。
先ほど挙げた、ドライヤーなどと併用して使用して頂くことをおすすめします。

シール剥がしスプレーを使用する際には強度に注意

シール剥がしスプレーは、完全に剥がれるように構成されているために、刺激が強烈です。
下地によっては、色落ちをすることも考えられます。
まずは目立たないところで確認しましょう。

強度も色々あり、強度が高いほど効果は期待できますが、強烈なだけに、かかってしまう部位に対しては負担が大きいですし、痛める要因にもなりますので、十分に気を付けて使用してください。

カッティングシートを剥がす際は、ヘラなどで強引に剥がそうとすると、素材に傷がついてしまう恐れがあります。
ゆっくりと丁寧に剥がして頂くことをおすすめします。
サインスタンド