【医院編】知名度を上げるにはディスプレイがおすすめ

「現在父親と医院を営んでいる」
「父親の後を継ぐ予定だが、周りの方にもっと医院を知ってもらいたい」
このようにお考えの方はいらっしゃいますか?

認知度が上がれば、医院への信頼感も上がり、訪れる患者さんの数は増えるでしょう。

では、どのようにすれば医院の認知度を上げれるのでしょうか。

今回の記事では、医院の知名度を上げる方法についてご紹介します。

□入りにくい外観ではお客が減る

医院が入りにくい場合、当然患者さんの数は減ります。
確かな技術も大切ですが、それと同様に大切なのが信用です。
看板が出ておらず、営業しているのか分からないような医院には足を運ぼうと思いません。

そのため、医院の外観には気を配り、初めて来る患者さんでも入りやすい店にしましょう。
では他に、どのようにすれば周りからの認知度が上がるのでしょうか。

□ディスプレイを作成する

*店頭に看板を起き、認知度を上げる

店前にディスプレイを配置することで認知度が上がります。
看板に診察にかかる値段やどのような治療を行なっているかについて明記しましょう。
たった一つの看板で、認知度だけでなく、安心感も高まりますよ。

また治療を行うだけでなく、ホスピタリティを求められる現代の医療機関においては、患者様への気配りも重要です。
ポスターや掲示板などで、検診や病気への注意喚起を促してはいかがでしょうか。
他にも休診日や薬の窓口を案内するなど、スタッフの手の届かないところまでアナウンスを行き届かせましょう。

特に、壁に固定できるポスターパネルや足元でご案内ができる床シールなどは患者様の通行の妨げにならず、安全に目にとめていただくこともできます。

 

□本当に医院に看板は必要なのか

現在はネットが普及しており、ネットにさえ医院の情報を掲載しておけば良い、と考えている方も多いでしょう。
もちろんネットに詳細な医院の情報を掲載することは大事なことです。

しかし、医院を訪れる多くの地元の方に向けてディスプレイを設置することも大事なことです。
ネットに情報を掲載するより、ディスプレイで近所の方々への認知度を上げるとより集客効果があるでしょう。

 

□まとめ

この記事では医院の認知度を上げるにはどうすれば良いかについてご紹介しました。

ディスプレイ広告を作成することで、周りからの認知度を大きく上げることができます。
もし、認知度を上げるために看板作成を考えている方でご相談がある場合、お気軽に当社までご連絡ください。

サインスタンド