ポップ広告の種類について

お店だけでなく自動販売機にも取り付けられていることもあり、目にしない日が無いほどポップ広告は至る所で用いられています。
多様な広がりを見せるポップ広告を効果的に使うために、その役割と種類を合わせて考えてみましょう。

屋外ポップは誘引役

お店の入り口や駐車場などに設置されているポップ広告は、目にした人が店内へ入りたくなるような、お客さんを誘引する効果があります。
セールやイベントなどの告知チラシを事前に見ていない人にでも、屋外ポップにより通りかかっただけで視覚的に訴えることができ、さらなる集客を狙えます。

飲食店や生鮮食品店であれば、当日仕入れた新鮮な食材の入荷情報を即時に告知し、購買意欲を湧きたたせる効果も見込めます。
また、サービス曜日やセール予告などの先を見越した情報を、店内に入らずとも伝えることが可能です。

屋外設置に適したポップ広告の種類

誘引役である屋外ポップは、人目に付くよう目立つことが大事です。
単価が安く、様々な内容で手軽に出すことができる屋外ポップの例としては、のぼりやスウィングバナーが挙げられます。
セール日であれば、セール専用ののぼりを立てるだけで一目瞭然となります。

視覚に訴える効果が高いポップ広告の例としては、存在感のあるエアポップが挙げられます。
大きさはもちろん、形状もキャラクターを模したものなど様々あり、とても目に付くためイベント開催時にも大きな効果を発揮するでしょう。

店内ポップは情報発信役

商品やサービスの説明や、おすすめする理由などを店内で発信するのが店内ポップです。
チラシ掲載品がどこにあるのかを誘導する役割や、商品の詳細情報を発信する役割も担っています。

例えば、特売品を特設の陳列棚へ移動せず、いつもの場所で販売する場合、店内ポップを設置するだけでお客さまが迷わず手にすることができます。
家電量販店など機器を扱っている場合は、消費電力や寸法などを同じ様式の店内ポップにそれぞれ掲示することで、お客さま自身で比較対照できる良い判断材料となります。

店内設置に有効なポップ広告の種類

陳列棚へ簡単に取り付けられるポップ広告の一つに、飛び出すように主張するスウィングポップがあります。
カラフルなスウィングポップは、視覚に訴える効果が高く、購買意欲を高める効果があります。

ポップスタンドやパネルスタンドも、設置場所が自由に選べるため、商品の詳細情報を掲示するのに役立つでしょう。

店内装飾はお店の雰囲気を盛り立てる役

お店の雰囲気全体を盛り上げるのが店内装飾です。
例えば、春であれば店内に桜やタンポポなど春の花の装飾を施すことで、間接的に関連商品のお花見商品や行楽用品・食品の購買を促すことができます。

また、シーズンごとに装飾を変えることで、店内の雰囲気を楽しめるため、また来ようというリピーターを増やす効果も見込めます。

様々な種類のポップ広告が安価で手に入るようになりましたが、それ故に耐久性が弱い場合もあります。
破れたり破損したりしているままでは、お店の美観にも影響が出るため、気付いたらすぐに交換するなどの対応は必須と言えるでしょう。
ポップアイテム