売れるポップのつくり方・ポイントとは

商品の説明やおすすめ商品の案内など、お客さまへ語り掛けることができるツールである店内ポップは、店舗装飾の定番です。
ポップをただの店内装飾で終わらせないためには、どうすれば良いのか考えてみましょう。

店内ポップがもたらす効果

店内ポップと一口で言っても、パソコンで作られたものや店員さん手作りのものなど、作られ方も設置のされ方も様々です。
ポップを上手く活用すれば、スタッフがお客さま一人一人に説明や案内をせずとも、店内ポップがその代わりとなって、商品購入や入店の促進を図ることが見込まれます。

ポップは販売促進を目的としたお店側の一方的な広告と思われがちですが、商品のパッケージなどには書かれていない情報を、お客さまが自分の取捨選択で得ることができるコミュニケーションツールとしても効果があります。

店内ポップがもたらす波及効果

お客さまへ向けて情報を発信する店内ポップですが、商品の陳列方法や雰囲気など、売り場に合わせたポップ作りをすることで、売り場作りの一環ともなります。
スタッフの声を店内ポップで掲示することで、スタッフのモチベーションアップにつながることもあります。
また、例えば農産物売り場などであれば、生産者の声をその商品と共に伝えることで、お客さまへ安心感を与えることもできます。

売れるポップのつくり方とポイント

せっかく店内ポップを作っても、効果が上がらなければ単なる店内装飾となってしまいます。
興味を持ってもらうため、目を惹くデザインにこだわることも必要ですが、その商品やサービスの情報を分かりやすく端的に記し、読む人がすんなり受け入れられるような内容にすることが一番大事です。

また、ターゲットとしている人に届くようなメッセージ性が重要です。
その商品がほしいと思っている人に呼びかけ、商品を購入することでどのような効果が得られるかを上手に訴求しましょう。

なお、イラストや写真を用いてパソコンで作成することもできますが、手書きでも暖かみが感じられるポップを作ることができます。

誤ったポップの扱い方

本当に良い商品であれば何度も購入したくなりますが、店内ポップのすすめで惹かれて購入したのにも関わらず、幻滅されてしまってはお店自体の評価が下がる結果となってしまいます。
また、いくらすすめたい商品が沢山あるからといって、すべてに店内ポップを設置してしまうと、目的の商品が目立たなくなってしまうため、多用し過ぎには注意が必要です。

ここぞという商品へポップを設置することが、お店の評価や信頼度にもつながることになります。

クリスマスや卒業シーズンなどのイベントや季節に合わせた店内ポップも有効ですが、シーズンが終わっても設置していてはマイナスイメージにつながってしまいます。
定期的に入れ替えたり、内容を変えたりしていくことも忘れずに行いましょう。
ポップアイテム