店舗でのPOP(ポップ)の掲示方法

スーパーや雑貨店などの店舗において、商品のPRをしたり、セールやキャンペーン情報を伝えるツールとして活用できるPOPは、どのような掲示方法がベストなのでしょうか。

場所や方法でその効果が変わってくるPOPの掲示方法について、ここで紹介します。

POPの役割は販売促進にあり

POPは英語のPoint of purchase(ポイント・オブ・パーチェス)の頭文字を取った略語で、アメリカのスーパーで使われていた用語が現在和製英語として使われているものです。

その役割は販売促進で、お客様の目に止まり、その場での購入に繋がる、ダイレクトな効果を期待して設置するものです。

POPの種類別掲示方法

POPの種類は様々ですが、種類に応じた掲示方法があります。

プライスカード(棚札・棚ラベル)や商品説明カードはテープなどで貼り付けるのが一般的です。
また、サインホルダーやクリッパーなどを使い、棚と垂直に設置することで3次元的にPOPを見せ、視認性を高めることもできます。

また、特定の商品の場所を伝えたり、おすすめの商品コーナーへ誘導したい場合は、天井から吊るタイプのPOPを使えば、什器などで商品が隠れていても、スムーズにお客様を誘導できます。

自立式のスタンドなどは什器の上に置くだけで目立たせることができますし、スタンド自体を商品のイメージに合ったカラーやデザインでデコレーションするのも有効です。

のぼりは付属の注水式ポールスタンドに水を入れて、ポールを指すだけで目立つPOPになります。

ポスターはテープや画鋲などで貼り付けたり、磁石と画鋲を使ってくっつけたり、粘着力のある貼り付けツールを使って掲示できます。

POPの効果は掲示する場所によって変わってくる

POPには適切な掲示場所があります。

プライスカード(棚札・棚ラベル)や商品説明カードは値段(数字)を表示したり、効果を謳ったりするものですが、商品の直近に掲示しないと、内容が上手く伝わりません。
その商品の値段や効果・アピールポイントなどをダイレクトに伝えるので、商品の一番近い場所に設置するのです。

また、のぼりやポスター、天吊りのPOPは人を商品の場所まで誘導するのが目的です。
その為、店頭の入口近くや商品へ経路上などの目立つ場所に設置しなければいけません。
誘導という役割をもっているものですから、重要なのは動線の邪魔にならず、かつ目立つということです。

POPの掲示方法やデザインによる効果

POPはただ人の目を引けば良いというわけではありません。

お店の雰囲気や商品のイメージに合ったものにしないと、浮いてしまい、正しく情報を伝えることができません。

また、ターゲットの客層の属性や好みに合わせたデザイン、カラー、方法で掲示する必要があります。

他にも、特におすすめの商品については、商品の直近や店頭という場所にこだわらず、店内の至る所に掲示するという方法もあります。
とにかくお客様の目に入るようにして、その商品についての興味を持ってもらうのは大事なことです。

POPは販促において、絶大な効果を発揮するアイテムです。
商品のイメージや魅力、おすすめのポイントを捉え、ターゲットとするお客様の属性に合わせたPOPを作って掲示できれば、大きな効果が期待できます。
ポップアイテム