不織布マスクの蒸れ防止の方法についてご紹介します

暑い時期にマスクを着用していると、蒸れて大変ですよね。
なるべく蒸れないように対策方法を探されている方は多いと思います。
そこで今回は、マスクが蒸れないようにするための対策について具体的に見ていきましょう。

□不織布マスクが蒸れるのを防止するための方法とは?

暑さと蒸れを我慢してずっとマスクを着用するのはあまりおすすめできません。
熱中症や肌荒れなどのトラブルが発生してしまうため、なるべくトラブルを抑えられるような対策を取った方が良いでしょう。
まずは、そもそもマスクが蒸れてしまう原因について見ていきましょう。

*マスクが蒸れてしまう原因

マスクを着けていると顔の半分が覆われてしまうので、マスクの中に熱がこもるだけでなく、体内の熱を外に逃しづらくなって蒸れてしまいます。
また、マスク内で汗をかくことで湿度が上がってしまうこともマスクの蒸れの原因の1つだと言えるでしょう。
このように、暑い時期にマスクを着けていると、汗をかいたり熱を逃せなくなったりして蒸れてしまうのですね。

*蒸れ防止の方法について解説します

まずは、通気性の良いマスクを使用することを心がけましょう。
先述したように、蒸れの原因は熱を逃しづらくなることやマスク内の湿度が上がってしまうことです。
それらを防ぐために、通気性の良いマスクを着用することを意識することが大切です。

また、マスクの外側に何かしらの対策をすることも有効です。
例えば、マスクの外側にハッカやミントの香りがするスプレーを吹きかけるのも有効だと言えるでしょう。
外側に少し吹きかけておくだけで、スーッとするので蒸れを感じにくくなりますよ。
他にも、不織布マスクに被せて使う接触冷感素材のマスクカバーを着けるのもおすすめです。

□当社で取り扱っているマスクについて解説します

当社のマスクはメルトブローン不織布を採用しているので、通気性をきちんと確保できます。
極細繊維で編み込んでいるので、通気性を確保しながらもウイルスや花粉の侵入を防げます。
また、白色のシンプルなデザインなので、どこに行くのにも使えますよ。

中国の検品のみに頼らず、自社でもダブルチェックを行っておりますので、不良品や不具合のあるマスクが入らないような体制も整えてあります。
FDAやCEの認証を得ており、国際基準も満たしているので安心してご使用いただけます。
ぜひ一度、当社のHPからチェックしてみてくださいね。

□まとめ

本記事で紹介したように、マスクを蒸れないようにするためには、ハッカやミントのスプレーを吹きかけたり、冷感素材のマスクカバーをつけたりすると良いでしょう。
蒸れ対策をしてマスク生活を快適にしてみてくださいね。