不織布マスクと布マスクの性能の違いについて解説します

不織布マスクと布マスクにはどのような性能の違いがあるのでしょうか。
どちらのマスクを普段使い用のマスクにしようか迷っている方は多いと思います。
そこで今回は、具体的にどのような性能の違いがあるのかを見ていきましょう。

□布マスクのメリットや性能について解説

アベノマスクという愛称で認知されている、布マスクにはさまざまな特徴があります。
最も大きなメリットは、水洗いをすれば何度も繰り返して利用できる点です。
また、保湿性に優れていて、肌触りがとても良い点もメリットだと言えるでしょう。

そんな布マスクと不織布マスクの違いとして挙げられるのは、感染予防効果が実証されているかどうかです。
実は布マスクのフィルターがウイルスや花粉をカットする能力は、不織布マスクよりも低いと言われています。
特に、織り目が粗いと飛沫物が直接口や鼻に届いてしまう可能性があります。
そのため、布マスクを使用するのであれば、きちんと感染予防効果が確認できているマスクを選ぶと良いでしょう。

□不織布マスクのメリットや性能について解説!

不織布マスクとは、布を織らずに作られたマスクのことを指します。
現在たくさんの人が使っている不織布マスクは、繊維を合成樹脂や接着剤などを使用して接着し、布状にしています。

そんな不織布は弾力性や通気性に優れており、加工しやすいという特徴があります。
不織布とフィルターを組み合わせて厚みや織り目を調節しているので、感染を防げるのですね。
ただ、使用頻度が高い上に一般的に使い捨てとして使われるため、予備がなくなるペースが早いです。
そのため、なるべく多くの不織布マスクをストックしておくと良いでしょう。

*当社ではたくさんの不織布マスクを取り扱っております

当社が取り扱っている不織布マスクは、シンプルで使いやすい白色のマスクです。
清潔感があるのでビジネスシーンでの利用にぴったりです。
素材はメルトブローン不織布を採用しており、とても繊維の目が細かいので、ウイルスや花粉の侵入をきちんと防ぎながらも通気性も確保できます。
アメリカ食品医薬品局であるFDAや欧州安全性能基準のCEからの認証を得ており、感染予防効果はきちんと実証されているため、安心してご使用いただけますよ。

こちらは中国で作られたものですが、基準を満たしていないものは輸出されないようになっています。
また、当社でも不織布キャップやマスク、グローブを着用してダブルチェックを行っているので、不具合がほとんど出ないようになっているのも嬉しいポイントですよね。
50枚、100枚、200枚入りのものを取り扱っておりますので、欲しい枚数に合わせてご注文ください。

□まとめ

本記事で紹介したように、不織布マスクと布マスクの性能の違いは、感染予防効果が実証されているかどうかです。
そのため、きちんと感染予防効果が実証されている不織布マスクを選んで使用しましょう。
当社の不織布マスクを購入する際は、HPからご注文ください。

感染予防アイテム続々出品中!!Amazonでのお買い物はこちらから!→