コロナを人にうつさないためにマスクを着用しよう!

最近は、街でマスクを着けていない人を見かけることが少なくなってきました。
そんな中、なぜマスクを着けるべきなのかをあまり詳しく知らない方もいらっしゃるのではないでしょうか。
では、具体的にマスクを着ける理由について見ていきましょう。

□ウイルスを移さないようにマスクを着用しよう

新型コロナウイルス感染症専門家会議によって、新しい生活様式の提言がされたことを記憶している方もいらっしゃるかと思います。
3密という言葉を、よく耳にしますよね。
基本的に、感染を防ぐためには、距離を開けること、マスクを着用すること、手洗いやうがいをすることが大切です。

その中でも、マスクを着用することの意義は、感染経路が飛沫感染によるものである可能性が濃厚であるため、もしウイルスを持っていても人に移さないようにするためです。
「無症状でもコロナウイルスにかかっている人もいる」というとても厄介なウイルスであるため、ほとんど全員がマスクを着用する必要があるのです。
自分がかからないために使うというのがポイントなのではなく、それぞれが移し合わないために必要だという認識を持っておきましょう。

今までは、現状感染している人物が他の人に広めないために着ける意味合いでマスクを着けていました。
しかしコロナウイルスの場合は、自分がかかっているのかどうかもわからないケースが多いです。
そのため、エチケットとしても必要ですし、何より人に移す可能性があるのであれば、きちんと着用するのが義務のようになっています。

□使い捨てマスクのメリットについて解説します

マスクにも様々な種類がありますが、不織布マスクなどの使い捨てマスクにはどのようなメリットがあるのでしょうか。

*とても衛生的である

一時的に在庫がなくなり、マスクが売り切れになったことはありましたが、現在はきちんと購入できるため、使い捨てのマスクを使用する方がとても多くなっています。
そんな使い捨てマスクの最も大きなメリットは、使うたびに捨てるため、菌やウイルスを着けたままにせずに済み衛生的であることです。
一昔前は、学校の給食を配膳するときに使うようなガーゼマスクが主流でしたが、新型インフルエンザの流行に伴い、医療従事者が使う不織布マスクが一般的になりました。
手軽で衛生的であることから医療従事者に好まれていたため、現在の感染拡大状況においてはとてもおすすめだと言えます。

*インフルエンザや花粉の予防にもなる

コロナウイルスだけでなく、他のウイルスや細菌の予防にも効果があるのも大きなメリットだと言えるでしょう。
夏が過ぎるとだんだん寒くなってくるため、人々の免疫が落ち他のウイルスも流行り出します。
不織布マスクは、その際にも有効なのでぜひ活用しましょう。

当社では、上記でメリットをご紹介した使い捨てマスクである不織布マスクを取り扱っています。
もし手元にマスクがなくなってきている方がいらっしゃいましたら、いつでもご連絡ください。
メルトブローン不織布を採用しておりますので、きちんと通気性を確保できます。
また国際基準にも合格している製品なので、安心してご使用いただけますよ。

□まとめ

この記事で紹介したように、このご時世ではマスクは着けるようにしましょう。
もし新たにマスクを購入するのであれば、ぜひ当社のウェブサイトから購入してみてくださいね。

感染予防アイテム続々出品中!!Amazonでのお買い物はこちらから!→