コロナ予防をしよう!マスク二重装着のメリットとは?

新型コロナウイルスの蔓延で、多くの方が毎日マスクを付けられているかと思います。
しかしその一方で、マスクの予防効果を疑っている方や、逆に心配している方もいらっしゃるでしょう。
そこで今回は、コロナ予防におけるマスクの効果について解説します。

□コロナ予防におけるマスクの効果とは?

本当にマスクにはコロナ予防の効果があるのでしょうか。
厚生労働省の新型インフルエンザ専門家会議によると、咳やくしゃみの症状のある人が、その飛沫の飛散を防ぐために不織布マスクを着用することは推奨されています。
これは新型コロナウイルスに関しても同じことが言えるでしょう。

また、症状が無い人が不織布マスクを着用することについても、専門家会議では予防の効果があると言われています。
これは健康な人が不織布マスクを使用すると、机やドアノブ、スイッチなどに付着したウイルスが手を介して口や鼻に直接触れることを防げるためでしょう。

さらに、ウイルスを含んだ飛沫は、不織布マスクのフィルターによってある程度捕捉する効果が期待されています。
しかし、それは完全に飛沫をシャットアウトするということでは無いため、あまりマスクを過信しすぎないようにしましょう。

□マスク二重にするメリットとは?

マスク1枚ではコロナ予防の効果に不安を抱いている方がいらっしゃるでしょう。
そこで提案させて頂きたいのが、マスクを二重に着用する方法です。
インナーマスクとアウターマスクで異なる素材を使用すると、双方の欠点を補完できるでしょう。

インナーマスクには、ポリウレタン素材のマスクを選ぶことをおすすめします。
これは、ポリウレタン素材のマスクは洗濯して繰り返し何度も使用できるため、口や鼻に直接触れるインナーマスクにして重点的に洗濯するためです。

その一方で、アウターマスクには不織布マスクを使用すると良いでしょう。
不織布マスクは繰り返し洗濯して使用できますが、ウイルス除去効果が薄れることは覚えておいてください。

そして、このようにマスク二重にする最も大きいメリットは、マスクの隙間を極力減らせることです。
これによってウイルスが侵入してくる部分が軽減されるでしょう。

また、マスクを組み合わせることによって、どちらも長期的に利用できます。
そのため、使い捨ての頻度が減って、不織布マスクの不足問題が低減するでしょう。
さらに、洗濯することで衛生面の問題も解決できそうですね。

□まとめ

今回はコロナ予防におけるマスクの効果について解説しました。
マスク二重にすることによって、さまざまなメリットがあることがお分かりいただけたと思います。
これ以上コロナウイルスを流行させないために、国民一人ひとりがマスクをはじめとした感染防止対策を意識しましょう。