不織布マスクについて気になる方はいませんか。

「不織布マスクって聞いたことがあるけれど、どんなものか知らない。」という方が多いと思います。

新型コロナウイルスが拡大してマスクの重要性が改めて分かりましたよね。

今回の記事では、不織布マスクとマスクを着ける効果について解説します。

ぜひ参考にしてください。

□不織布マスクとは

不織布とは、フェルトのように線維を絡み合わせることによってシート状にしたものです。

不織布マスクはこの不織布を使用して作られているため、通気性や粒子捕集性に優れています。

ウイルスカット率は不織布フィルターの目の細かさごとに変わりますが、継続して使うのではなく使い捨てすることを前提に作られているため、リーズナブルな価格で衛生状態を保ちやすいことが特徴です。

洗って何度も使えるマスクよりも使い捨てマスクの方が衛生面でも安心ですよね。

 

今まではマスクと言えばガーゼを重ね合わせて作られたガーゼマスクのことを言いましたが、今では医療現場においても不織布マスクが使われています。

家庭用の不織布マスクでもフィルターの目が細かいものであれば、医療用のサージカルマスクと同じ効果を発揮すると考えられるでしょう。

□マスクの効果について

マスクをしていてもウイルスから身を守れているのか効果が気になりますよね。

マスクの効果が最も発揮されるのは咳やくしゃみをする人がマスクを着けていた場合です。

風邪やインフルエンザ患者は1回咳をするとおよそ10万個、1回のくしゃみではおよそ200万個のウイルスを放出すると言われています。

そのため、患者がマスクを着用することによってたくさんのウイルスを含んだしぶきによる周りへの汚染を少なくできます。

コロナウイルスに感染していても無症状の場合が多く、咳やくしゃみなどの目立った症状がなくてもマスクを着用すると良いでしょう。

マスクを着用することで自分の身を守るだけでなく、自分の周りにいる人も守れます。

当社では、使い捨ての不織布マスクを販売しています。

極細繊維で構成されるメルトブローン不織布を採用しており、ウイルスや花粉の侵入を防ぎながら通気性も確保します。

中国の検品のみに頼らず、スタッフ総出で全品ダブルチェックを行っておりますのでご安心ください。

□まとめ

新型コロナウイルスから身を守るためには、一人ひとりが意識を高く持って対策をしていく必要があります。

マスクの着用や手洗いうがい、アルコール消毒など、できることから対策を行ってください。