レジへの導線を決めるポイントとは

お店をレイアウトする上で、お客様の導線は売り上げに影響を与える要素のひとつです。
商品の陳列や棚の位置だけではなく、レジの位置を考える必要もあります。
では、最適なレジの位置というのはあるのでしょうか。

レジは導線の中心

お店の売り上げをアップさせるには、より多くの客様に来店してもらい、よりたくさん商品を買っていただく必要があります。
お店では一般的に、商品の陳列や棚の位置で、お客様に出来るだけお店を回ってもらえるように、導線を工夫しています。

お客様が最終的に立ち寄るレジの位置は、導線を考える上でとても重要なポイントです。
レジを中心にお店のレイアウトを改善することで、更なる売り上げアップを目指すことが可能になります。

導線を長くして「ついで買い」を狙う

入口正面にレジがあると、店員と目が合いますし、何か買わないといけないというプレッシャーを与えて、入りにくいお店という印象になります。
入口近くにレジを置く場合は、一般的なコンビニエンスストアのように、入口と垂直方向に設置してお客様にプレッシャーを与えないようにすると良いでしょう。

店を一周して入口まで戻ってくると丁度レジにたどり着くような導線も理想的です。
ただ、入口近くにレジがあると、最初から買う商品を決めている「目的買い」のお客様の導線は短くなります。
「目的買い」のお客様の単価を上げるには、レジの位置をお店の奥にすると効果的です。
導線が長くなり、レジにたどり着くまでにちょっと気になっていた商品が目に入り、「ついで買い」する確率が上がります。

誘導シールによる導線と「ついで買い」効果

レジの位置を決めたら、床に「ここから並んでください」というような誘導シールを貼るのも、導線を決めるポイントとして効果的です。
大きな回遊を避けるように貼り付けると、お客様同士が障害となって導線が乱れることを防ぐことができます。

それに加え、ほとんどのお客様は自ら並ぶ意識を持ってくれるので、的確に誘導シールを貼ることで、割り込み等のトラブル防止も見込まれます。
何よりも、並んでいる間にも陳列されている商品に目を向けさせて、思わず「ついで買い」するお客様を増やす効果もあります。

レジの位置は入店率、滞在時間、購入数など、お店の売り上げに影響を与える大事なポイントです。
お店の業種だけではなく、コンセプトや取り扱う商品の価格帯などでも、最適な位置は異なりますが、修正や工夫を重ねてお客様が来店しやすいベストな導線を考えましょう。

レジ誘導シール