お店のレジ位置に最適な場所とは

お店のレイアウトには様々なセオリーがありますが、レジを置くのに最適な場所というものも存在します。
レジの位置によって入店しやすさが変わったり、極端な話、売上も変わってくる可能性があります。そこで、お店のレイアウト・ディスプレイで重要なレジ位置について説明します。

レジ位置で絶対NGな場所は入り口真正面のレジ

お店で商品を買っていただくためには、まずは入店していただかないといけません。
その際に、スムーズな入店を阻む一番の要因は、入り口正面に設置されたレジです。

レジには基本的にスタッフが立っているため、お客様はスタッフの視線を真正面から受けて入店することになります。
ほとんどの場合、視線を真っ向から受け止めて入店するのには抵抗のあるお客様が多く、お店を外から見て、スタッフの目線が気になるお店にはなかなかお客様は入ってこないのです。

レジの位置によって売上は変わる

入り口真正面のレジでは入店するお客様が少なくなる可能性があり、当然売上は少なくなります。
また、入店してくださっても、入り口正面にレジがある場合、レジに立つスタッフからは店内の全方位が視界に入るため、お客様は常にスタッフの視線を感じながらお買い物をすることになります。
視線を無言のプレッシャーと感じて、気持ちよく買い物をしたり、商品をセレクトすることができなくなり、購入に至らないケースが多くなるのです。

では、レジを入り口の横や店舗の奥に設置するとどうでしょうか?
入り口横の場合は、多くのお客様がレジとは逆側から商品を見始め、そのまま壁伝いに店内を見て回ります。
店舗奥の場合は、スタッフの視線を気にすること無く、自由に店内を回遊するお客様が多くなります。
いずれの場合も、店舗内でのお客様の動線がスムーズになり、気持ちよく商品を見て回れることから、売上アップが期待できるでしょう。

正しいレジ位置へとお客様を導く誘導サイン

お店のサイズが大きい場合や、商品の陳列棚が高くて視界が限られる場合など、店舗によってはレジの場所が分かりづらい場合があります。

商品を選んで、購入するものが決まり、レジへの移動、という動きをスムーズにするためには、床に貼るレジ誘導シールが有効です。
矢印のシールでレジの方向を示し、足跡マークで一度待機していただき、レジが空いたらそのレジへと進んでいただく。
矢印と足跡のフロアシールを使い分けるだけでお客様の誘導が非常に簡単になるのです。

ほかにも、天井から吊り下げる看板や壁に貼るサインなどでレジの位置を示すこともできます。

正しいレジ位置とレジへ誘導で、入店から商品の購入までをスムーズにすれば、売上が上がることは珍しいことではありません。
誘導サインの種類やバリエーションも豊富に揃っているので、お店のレイアウトやコンセプトに合わせて、上手に使い分けて下さい。

レジ誘導シール