レジ誘導をスムーズにするレジ周り誘導シールとは

スーパーやコンビニなどで、レジ前に行列ができているのを見かけることがあります。

行列だと分かるだけでうんざりなのに、いざ行列に並ぶとなると、どの列に並べばいいか分からなかったり、順番が曖昧になって他のお客様とトラブルになったりと、混雑状態に良いことは一つもありません。

そのような混雑状態を少しでも緩和し、列の長さを平均的にしたり、お客様の動きをスムーズにしたりできるのが「レジ周り誘導シール」です。

誘導サインや誘導シールを使ってお客様をレジまでスムーズに誘導

スムーズな誘導を実現するためには、さまざまなサイン・シールを使い分ける必要があります。

まず、買いたいものを全てカゴに入れたお客様が「さあレジはどこ?」と辺りを見回した際にすぐに目につく、天井からぶら下げる「吊下型」の誘導サインが必要です。
「レジ+矢印」という表記だけで、矢印の方向にレジがあると伝わるシンプルな看板になります。
また、大型ショッピングモールやディスカウントショップなど店舗が広い場合は、レジへと向かう途中、所々に床にレジへの方向を示すレジ誘導シールを貼るのも良いでしょう。

レジの最寄りの場所まで誘導したら、レジ周り誘導シールを活用し、どう並べば良いか、どの順路を進めばいいのか、などをお客様に分かりやすく伝えることができます。

レジ周り誘導シールとはどんな商品?

レジ周辺の列の誘導・形成・整理などに使えるのがレジ周り誘導シールです。
基本的に床面に貼り付けるタイプとなります。

まず、お客様が自由に列を形成することを防ぐため、一時停止の役割を持つ、「こちらでお待ちください」とプリントされたシールを用意します。
このシールには、「こちらでお待ちください」という文言のほかにも、人の足型をプリントして、直感的・視覚的に「ここで足を揃えて一度待つんだな」とお客様に伝えることもできます。

また、そのように一度お客様を待機させず、そのままレジへと誘導させる場合は、ダイレクトにレジへと進めるように、レジの方向へと真っ直ぐ伸びた矢印タイプのシールを使うと良いでしょう。

レジ周り誘導シールはどこで購入できるのか

レジ周り誘導シールを販売しているのは、看板を取り扱う専門業者などとなっています。
多くの場合、業者の公式ホームページが通販サイトを兼ねていて、商品説明を見てから購入することができます。
また、楽天市場などのECサイトでも、看板業者がECショップを開店し、レジ周り誘導シールを取り扱っているケースもあります。

レジ周りは人が集まる場所なので、お客様同士のトラブルが発生しやすい場所です。
お店側に責任を求められる場合もあるので、スムーズな誘導を実現するためにも、レジ周り誘導シールを有効活用してください。

レジ誘導シール