コンビニやスーパーの装飾・ディスプレイにおすすめのツール5選

コンビニやスーパーの店内では、看板や装飾、ディスプレイにどのような特徴があるのでしょうか。
商品やサービスの販促効果のアップを目指したおすすめのツールを紹介します。

違いが出にくいからこそ個性を発揮させる

コンビニやスーパーの看板は、チェーン展開の関係でお店ごとの違いが出しにくいものでもあります。
しかし、そのような中でも独自の店内装飾やツールを駆使して、各店で売り上げを伸ばす努力をしています。

それぞれのお店に訪れるお客様の層に合わせた旬の商品や注目商品の選択、購買意欲を高めるためのバナーPOPの設置は、お店の個性の見せどころと言えます。

コンビニやスーパーの装飾・ディスプレイにおすすめのツール

黒板

何度でも書き直せる黒板は、お客様に効果的な情報提供ができるツールと言えます。
商品や販売コーナーごとに、具体的なターゲットに向けた訴求ポイントを考えることをおすすめします。

手書きPOP

手書きPOPは、地域の特性に合わせたお店独自の商品説明が可能です。
お客様が利用するシーンを想像し、メーカー等から配布されるPOPでは表現できない説明や商品紹介を心がけて下さい。

ブックエンドPOP

類似品や長期的な商品が並ぶ定番棚において、新商品やお買い得品などに注目を集める効果が期待できるのがブックエンドPOPです。
商品ごとの間仕切りにもなりますし、設置に必要なスペースが小さく、他の商品への干渉も少なくて済むのも利点です。

ウィンドウサイン

お店に入る前からお客様に向けてアピールできるウィンドウサインは、期間限定のサービスやイベントの周知に効果的です。
ただし、コンビニやスーパーのウィンドウの前は、自転車やバイク置場になっていることが多いので、下の方に貼ると見えにくくなるので気を付けて下さい。

ペナント

季節を感じさせるペナントを旬の商品を集めたエンド棚や島陳列の台の付近に設置すると、他のコーナーと違う雰囲気を作り出すことができ注目度が上がります。
特に島陳列の周辺は背の高い棚がない場合が多いので、ペナントを吊るすなどして上の空間をうまく利用することができます。

コンビニやスーパーでは、お客様の年齢層や導線、地域性、季節等を考慮して商品が陳列されます。
看板や装飾は、そのように考え抜かれた商品の陳列の効果をより高めるためのものです。
まずは商品の陳列を考え、その上で効果的な看板や装飾を考えましょう。
レジ誘導シールbannerスタンド