LED看板を設置したい!種類と特徴をご紹介します

「より目立つ看板を作りたい!」とお考えではありませんか?
看板が目立てば、より多くの人の目に留まり、集客につながる可能性があります。
そこで人気なのが、LEDを使った看板です。
看板が光るので存在感があります。
またLED電球は通常の電球より経済的であると言われています。
今回は、LEDを使った看板の特徴と、より効果的に用いるためのポイントをご紹介します。

 

□光り方による種類

LEDを用いた看板には、その使い方によっていくつかの種類があります。
ここではまず、看板の種類を解説します。

*全面LEDのもの

看板の内部にLEDが組み込まれており、全体が発行するタイプです。
最も光量が多く、目立ちやすい特徴があります。
光と相性の良い、金属製のものが標準的です。

*外部に照明をとりつけるもの

看板自体が発光するのではなく、看板を照らすタイプです。
LEDの量が少なくて済むため、高寿命で経済的である特徴があります。
照明装置が見えるために外観には気を付けなければなりません。
特に、昼間に影になってしまわないよう取り付ける場所には注意しましょう。

□LED看板の特徴

では、LED看板ではどんなことに気を付けておけばよいのでしょうか。

*寿命とメンテナンス

LEDは、非常に長寿命であることが知られています。
しかし、いつかは寿命が来ます。
また、電気的なものなので、定期的にメンテナンスされることをおすすめします。
このように、通常の看板ではかからない手間が増える可能性があります。
しかし、通常の看板もメンテナンスや付け替えが必要であることを考えると、特別デメリットに感じなくてもよいでしょう。

*高所に向いている

発色が良いために、高所でも見えやすい看板になります。
また、LEDは電気的な装置のなかでもメンテナンスが比較的少なくて済むものです。
そのメンテナンス性の良さから、高所への設置をおすすめできます。

*光の色による表現

LEDで発光させるときに、その光の色味によってイメージを伝えることができます。
基本的には、自然光に近い発色が可視性の高いものになります。
また、色を暖色系にしたり、あるいは寒色系に寄せたりすることで、看板のイメージを作り出せます。
光を新たに素材として使えるところにもLEDのメリットがあります。

□まとめ

LEDは経済的で発色の良い、看板に適したものであると言えます。
うまく使うことで、更なる集客を期待できます。
より目立つ看板をお望みの方は、検討してみてはいかがでしょうか。

電飾サインスタンド