【美容院編】印象に残る店頭にするにはどうすれば良いのか。

「現在美容院のスタッフをしている、新店舗を立ち上げる予定」
「おしゃれで印象に残る店舗にはどのようにすれば良いだろう」

このようにお考えの方はいらっしゃいますか?
新しく立ち上げる店はおしゃれな雰囲気の店にしたいですよね。

しかし、どのように印象に残る店舗にするのでしょうか。
この記事では新店舗立ち上げの際、どのようにすれば印象に残る店頭にできるのかについてご紹介します。

 

□印象に残る店頭にするため看板を準備する

印象に残る店舗とはどのような店でしょうか。
もし店頭にディスプレイや看板がない場合、何をしている店か判断するのは難しいです。
新店舗として美容院を立ち上げても、大手チェーン店でない場合は集客が難しいです。
そこで、通行人の印象に残るような看板を準備しましょう。

□たった一つの看板が集客率アップにつながる

看板を置くメリットは多くあります。

*周りからの認知度が上がる

看板の一番大きいメリットは通行人の印象に残ることです。
新店舗は特に、周りの人は何のお店が開店したのか気になります。
看板を配置することで何を取り扱っている店かを伝えることができます。

また、普通のディスプレイではなく、LEDを使用したLEDディスプレイやデジタルサイネージなどの看板を使用することで、より目立つ店頭になります。

*入店しやすくなる

特に美容院の場合、新規のお客さんは入店する際に「値段は高すぎないだろうか」「どのようなサービスを受けれるのだろうか」という疑問を少なからず持っています。

そこで看板を設置することで、お客の不安を解消することができます。

AIDMAの法則をご存知でしょうか。
AIDMAの法則とはAttention(注意・認知)、Interest(興味)、Desire(欲求)、Memory(記憶)、Action(行動)の5つの心理プロセスです。
AIDMAの法則を参考にし、値段に関するお客様の注意を解消するようにしましょう。
AIDMAの法則を意識すれば心理的にも入店しやすい雰囲気が生まれ、集客率アップにつながります。

 

□まとめ

この記事では印象に残る店頭にする方法をご紹介しました。
新店舗を開店する場合は、どのように印象を残すかが大事になります。
そのため、適切な看板を使用して印象に残る店頭にしましょう。

当社では印象に残る看板の販売を行なっております。
認知度を上げるために看板作成を考えている方でご相談がある場合、お気軽に当社にご連絡ください。

電飾ポスターパネル/イーゼル