飲食店を目立たせる方法|店頭にディスプレイを置きましょう。

「開店してから時間が経過し、地域に馴染んできた」
「もっと知名度を上げたい」
「どのようにすれば店が目立つだろう」
このようにお考えの方はいらっしゃいますか?

知名度が上がれば新規のお客さんが増えますよね。
しかし地域の認知度を上げることは難しいですよね。
今回の記事では、飲食店の知名度を上げる方法についてご紹介します。

 

□店頭にディスプレイを設置する

店頭にディスプレイを設置することには、多くのメリットがあります。

*認知度が上がる

ディスプレイを配置することで周りからの認知度が上がります。
店頭に何も看板がない店の場合、何を提供している店か分りにくいです。
店のメニューや値段を掲載したディスプレイを配置することで認知度が上がり、集客効果を表します。

*店に入りやすくなる

店頭にディスプレイがない飲食店は入りづらいです。
「高額な値段を要求されるのではないか」
「どんなメニューがあるか分からないからチェーン店に行こう」
多くの人はこのように考えます。
不信感のある飲食店には、お客は入ろうと考えませんよね。
ディスプレイを設置することで、何を提供している店なのか・どのようなメニューがあるかを確認することができます。

看板が一つあるだけで、お客さんはぐんとお店に入りやすくなりますよ。
お店に安心感を与えるためにもディスプレイを作成しましょう。

□たった一つの看板で集客効果を上げよう

上記で述べた通り、一つの看板で集客率は大きく変わります。

*消費者心理を意識しよう

AIDMAの法則をご存知でしょうか。
AIDMAとは、Attention(注意・認知)、Interest(興味)、Desire(欲求)、Memory(記憶)、Action(行動)の5つの心理プロセスです。
これらの頭文字を取って法則化したものがAIDMAの法則です。

飲食店に入る際に、脳が考えるのは「この店は本当に安全で美味しい料理を提供するのか」ということです。

何も看板がない店ではお客の注意を解消することができません。
メニューや美味しそうな画像を掲載したディスプレイを用意し、お客が入りやすい店にしましょう。

 

□まとめ

今回の記事では、飲食店の店頭に置くディスプレイについてご紹介しました。
店頭に看板を置くことで、認知度と集客効果が格段に上がります。

また飲食店によっておすすめする広告タイプは変わります。
ディスプレイ広告にご興味がある方は、ぜひ一度当社までお気軽にご相談くださいね。

スタンド看板