デジタルサイネージの仕組みとは

新たな広告の方法として注目を集めるようになったのが、デジタルサイネージです。
ディスプレイでの表示とネットワークによる通信というデジタル技術を使い、今までにはなかったような広告効果を得られるようになりました。

進化を遂げるデジタルサイネージの仕組み

技術が発展しディスプレイモニタが年々薄さを増したことで、今までの看板広告にとって代わりつつあるのが、デジタルサイネージです。
薄型になったことにより、様々な場所に埋め込んだり、吊り下げることができるようになりました。

デジタルサイネージの仕組みはパソコンで作成した画像や動画などのコンテンツを、ネットワークを通じて配信することで、離れた場所にあるディスプレイにもタイムリーに情報を発信することができます。

コンテンツは時間帯によって配信する情報を変えるなど、スケジュール管理も可能です。
そのため、時間とターゲットを絞った宣伝効果が期待できます。

この仕組みにより、例えばスーパーに設置する場合、昼は主婦やファミリー層をターゲットにした献立や食材について発信し、夜には単身世帯向けにお得な総菜の情報を発信するなど、その活用方法は様々です。

通信技術との連動により、必要な時に必要な広告を外部からコントロールして流すことが可能になり、フレキシブルな映像広告を使うことができるようになったのです。

デジタルサイネージの活用例

デジタルサイネージは、ディスプレイを使うため電気が使えることが前提です。
電車のドア上部に設置されているのも、電源供給が容易であるという特長を生かしています。

建物の壁に埋め込む方法も良くある活用例のひとつで、公共施設だけではなく、パチンコ店などでも効果的に利用が進められています。

他にも、銀行やホテル、映画館、大型ショッピングセンターでの設置も進められており、タッチパネルを利用することで、広告宣伝効果以外に案内・相談ツールとしても活用されています。

ソフトの進化による新しい仕組み

デジタルサイネージのディスプレイに様々な仕組みを連動させることも進められています。
映像とともに香りを出して印象付ける方法や、携帯電話やスマートフォンとの連動などは、実用化されている事例です。

巨大なディスプレイでの活用が目を引きがちですが、ハードな部分だけではなく、こういったソフト的な仕組みでも進化しています。

デジタルサイネージを活用することにより、今まで看板ではできなかったような広告を作り出すことができます。
今後ますます1台で複数の役割を果たせる仕組みが生み出されていくでしょう。
電飾サインスタンド