提灯の数え方 歴史やもともとの用途とは

お祭りや和風の飲食店などで見かける提灯は、一体どのように数えるのが正解なのでしょうか。
また、元々どのような用途と歴史があったのでしょうか。

提灯の単位は「張」「丁」など

提灯を数える時の単位は「一張り(ひとはり)」「一張(いっちょう)」「一丁(いっちょう)」「一挺(いっちょう)」といくつかあります。
提灯は、骨組みに紙を貼るものなので「一張り」「一張」と数えます。
また、包丁やハサミ、工具などと同じように、手に持って使う提灯は「一丁」「一挺」とも数えます。

他にも一個(いっこ)、一台(いちだい)、一対(いっつい)という数え方があります。
一対に関してはやや特殊で、全く同じ提灯を2個か、左右対称の絵が入ったものを1個ずつ並べたものを呼びます。

室町から始まる提灯の歴史

提灯は室町時代に様々な文化と同様に中国から渡ってきたと考えられています。
当初は竹籠に紙を貼っただけの、折り畳みができないタイプのものでした。

室町時代後期から安土桃山時代には上下に伸縮可能な、折り畳みタイプが使われるようになりました。
当初はロウソクが高価だったため、貴族や武士や僧侶などの上流階級でしか使われていません。
一般的に提灯が広く使われ出したのは、ロウソクが大量生産可能になり、提灯が安価になった江戸時代中期以降になってからです。

最初は照明器具ではなかった?

提灯が日本に登場した当初は照明としてではなく、葬儀などで使われる仏具として使われていました。
やがて戦場などで携帯できる照明、現代の懐中電灯と同じような役割として発展していきます。

江戸時代に入ってからも一般的な照明として使われることはめったにありませんでした。
提灯が安価になった江戸時代中期以降は、照明以外にもお店の看板などの用途や、場面に合わせて様々な形状のものが作られるようになりました。

提灯の数え方や歴史について見てきました。
西洋文化が根付いた現代では照明としての役割は他に譲っています。
それゆえに和の雰囲気を出したい時に有効になったとも考えられます。

電飾サインスタンド