提灯の電球は雨に濡れても大丈夫?

現代の提灯にはロウソクではなく電球が使われています。
電球の種類による違いや、雨に濡れても大丈夫なのかどうかなどについて調べました。

提灯に使われている電球は主に3種類

ロウソクを使うと光に揺らぎがあり風情がありますが、防災という意味では危険です。
通常の照明と同じように、提灯の電球は白熱電球や蛍光電球、LED電球が使われています。

白熱電球

温かみのある赤い光は提灯との相性も良く、昔から使われてきたスタンダードな電球です。
調光が可能で演出力が高いため、様々な場面で使うことができます。
一方で、消費電力が多く、CO2の発生量が大きいという欠点があります。
寿命が短く発熱量も大きいので案外扱いにくく、以前と比べる使用率は減ってきています。

蛍光電球

蛍光電球は、白熱電球に比べて少ない発熱量で明るく長持ちするというメリットがあります。
ただし、この2つのメリットはLED電球には負けてしまいます。
また、提灯として利用するには調光ができない点が他と比べて劣る部分です。
構造上、紫外線を出すので虫が寄り付きやすい点も難点といえます。

LED電球がおすすめ

LED電球を使う最大のメリットは電気の消費量と寿命の長さです。
また、白熱電球や蛍光電球と比べると丈夫なので保管も楽です。

以前は明るさが弱いなどの問題がありましたが、技術の進歩により徐々に解消されてきました。
ただ、3種類の中でもっとも初期費用がかかります。
ソケットが対応していない場合もあるので、既に白熱電球や蛍光電球の提灯を使用しているのであれば、徐々に変えていくようにしましょう。

雨に濡れても大丈夫

電気を使う以上、屋外で使うのであれば防水加工タイプの提灯をそろえることをおすすめします。
電球ソケットやケーブルは防水タイプが販売されています。
延長コードも防水タイプをそろえるようにしましょう。

いかがでしたでしょうか。
近年はLEDタイプの提灯が多く普及しています。
初期費用はかかりますが、使用年数を考えると最終的な費用は安くすむのでおすすめです。
電飾サインスタンド