ハロウィンの装飾やディスプレイにおすすめのツール5選

本来は古代ヨーロッパで悪魔を祓う儀式だったのも関わらず、日本ではいつのまにか仮装パーティやかぼちゃのお祭りといったイメージが定着したハロウィンですが、装飾やディスプレイにはどのようなツールがおすすめなのでしょうか?

ここでは、定番のかぼちゃを始め、ハロウィンを彩るおすすめツールを紹介します。

ハロウィンの装飾やディスプレイの特徴

ハロウィンと言えばカボチャ頭の男「ジャック・オー・ランタン」をモチーフにした装飾が人気です。
ほかにも魔女やお化けをモチーフにしたものも定番です。

装飾は全体的にカラフル&ポップで思い切り派手な装いが多く、年間を通して一番と言っても過言ではないほど弾けたイベントとなっています。

色の定番はかぼちゃの色であり収穫を意味するオレンジと、夜や魔女、悪魔をイメージさせるブラックの2色です。
多くのアイテムがこの2色の組み合わせで表現されています。

ハロウィンでは絶対外せない「かぼちゃ」アイテム

「かぼちゃ」のアイテムは多種多様なものが揃っています。
基本的にはカボチャに笑い顔がついた「ジャック・オー・ランタン」がベースになっていて、プラスチックのものを始め、自分で本物のかぼちゃをくり抜いて手作りする人も多く見かけます。

また、中に照明を仕込んでいるタイプは、灯りでおどろおどろしい雰囲気を演出することもでき、視認性も高いので、ディスプレイには最適です。

賑やかさならピカイチの「プリーツハンガー」

天井から吊るす網目状の「プリーツハンガー」には、色々なものがぶらさがっています。
カボチャや骸骨、お化け、コウモリ、死神、月、星など、バラエティ豊かなハロウィンの仲間たちが天井から店内を賑やかにしてくれます。

色もオレンジや黒、紫などが揃い、複数色を揃えればカラフルさも増量できます。

お化けっぽさを楽しく演出する「バルーン」

ハロウィンはお化けがよく登場しますが、ホラーなお化けではなく、どこかポップで可愛らしさのあるお化けです。

そんなお化けやカボチャ、黒猫、コウモリなどがバルーンになってふわふわと店内を漂っていたら、ハロウィンのお祭り感を盛り上げるのに一役買ってくれます。

連なるパンプキンでイベントを盛り上げる「ガーランド」

ガーランドは、花や葉を繋げたものが基本ですが、ハロウィンでは紅葉した葉っぱの間にカボチャ・おばけというように、花が別のものに変わったタイプが多く揃っています。

ガーランドは紐で吊るすアイテムなので、壁に飾ったり天井から吊るしたりと装飾のしやすさが魅力です。

ハロウィンでは定番の「魔女」アイテム

ハロウィンをカボチャと共に盛り上げるのが「魔女」の存在です。
かぼちゃのそばに魔女人形を寄り添わせてみたり、特徴的なとんがり帽子を置いてみたりするだけで、ハロウィンが持つダークな側面が見えてきて、ディスプレイとして味が出ます。

魔女にも悪い魔女やほうきに乗った可愛らしい魔女など、色々なタイプがいるので、表現したい世界観に合わせてセレクトしてみてはいかがでしょうか。

以上が、ハロウィンの装飾やディスプレイにおすすめのツール5選です。
年々、商業規模が拡大し、盛り上がりを見せているハロウィンなので、中途半端なディスプレイだと見劣りがしてしまいます。
しっかりツールを揃えて、楽しいイベントにしましょう。
電飾サインスタンド