焼肉屋の看板におすすめの種類や特徴とは

一般的な焼肉屋の看板にはどのような特徴があるのでしょうか。
より効果的にアピールする方法や、焼肉屋におすすめの看板について紹介します。

食欲促進、活気あふれるお店としての印象

焼肉屋の看板はインパクトと情報のわかりやすさが重視されると言えるでしょう。

そのため、商店街のように徒歩の人が多い環境のお店では、置き看板やのぼりのような視認性の高い看板を設置する場合が多いです。
また、ロードサイド店では遠くからでも視認できるポールサインを採用しているお店が多くあります。

看板の色遣いは清潔感のある「白」や、高級感のある「黒」の他に、食欲促進や元気・活気といったイメージの「赤」が使われる傾向が高いです。

看板はお客様に与える印象を考慮する

色には様々な効果があるとされており、例えば青には食欲減退の効果があるため、飲食店などでは余程のコンセプトや狙いがないかぎりは使用を控えた方が良いでしょう。

また、焼肉屋に限ったことではありませんが、お店を見かけてすぐに利用する方ばかりではなく、後で利用を検討する方もいます。
そのため、看板には問い合わせ先や、予約をする人のために電話番号や営業時間を掲示しておくと良いでしょう。

他にも食材の写真を取り入れると、より視覚的な効果が得られます。
焼肉屋では、高級なお肉の写真や、お肉を炭火で焼いている写真などを使うと効果的でしょう。
お客様に与える印象の良し悪しを考慮するようにしてください。

焼肉屋におすすめの看板5種

ウィンドシート(カッティングシート)

窓に大きく「カルビ」「黒毛和牛」「豚トロ」などと貼られているとインパクトがあります。
特に店舗が2階にある場合は、目に入りやすいためおすすめです。

タペストリー

期間限定のような定期的に入れ替えるメニューをアピールしたい場合は、タペストリーとの相性が良いです。
一般的にタペストリーは「ポンジ」と呼ばれる生地で作られることが多く、安価なためコスト面で優れています。
しかし、生地に耐久性がなく長期利用が難しいため、頻繁に入れ替えるような期間限定の情報を掲示するのに向いています。

木製看板

高級感をアピールしたい焼肉店では、木製看板がおすすめです。
文字を手彫りにすることで立体感と存在感増し、より高級な印象を与えることができます。

突き出し看板

突出し看板は、前後2方向にアピールできるため、特に歩行者の多い繁華街に向いています。
シンプルにロゴや店舗名だけ見せた方がインパクトは強いものとなります。

置き看板

突き出し看板と同じように、前後2方向にアピールできます。
自然と視界に入る高さにあるので、電飾を付けるなどして、より目立たせると良いでしょう。

最近はインターネットでお店を検索する方が多くいます。
そういった方が初めて訪れる際にも目印になるような、インパクトのある看板を設置できると良いですね。
電飾サインスタンド