提灯や行灯の看板がもたらす効果とは

元々提灯と行灯は携帯できる照明として誕生しましたが、今ではもっぱら装飾品や看板として利用されています。
提灯や行灯を看板として考えた場合に、もたらす効果はどのようなものがあるのでしょうか。

和のテイスト抜群の看板

かつて照明として普及した提灯や行灯は、和のテイストを演出するにはうってつけです。
お店を和風仕立てにしたい時や、お祭りや年末年始等の日本の風習にちなんだイベントに合わせて用意したい看板です。

昔は中にろうそくを立てていましたが、安全の面も考慮して最近は電球やLEDを使っているものが主流です。
照明や雰囲気を作り出す装飾としての役割の他に、文字を入れて看板として利用することもできるとても便利なアイテムです。

遠くからでも目立つ宣伝効果

看板として利用できる以上、行灯や提灯には宣伝効果が期待できます。
特に赤提灯は遠くからでも目立ちますし、赤い色は食欲促進の効果もあるので、居酒屋等の賑やかな飲食店にあった看板といえます。
大きなものを吊るしたり、小さなものを連ねたりして飾ると、大きな宣伝効果が得られることでしょう。

一方、行灯は提灯と比べると落ち着いた雰囲気があるので、静かなお店の前に置くのがおすすめです。
どちらの看板も店先に飾られていると、日本の伝統的なサービスが提供されることをお客様は期待してお店を訪れるはずです。

落ち着きのある明かりで癒し効果

懐かしさを感じる提灯や行灯には、心が休まるヒーリング効果があります。
趣きのあるお店で癒しを感じることで、お客様はリラックスした気分を味わうことができます。

店先の看板として使うだけではなく、店内のコーナーや座席を飾りつけると癒し効果が期待できます。
様々なお店で使えますが、居酒屋や和食を提供する飲食店であれば、より一層効果的ではないでしょうか。

提灯や行灯の存在感は、実際のサイズに関わらず大きなものがあります。
様々な形状が揃っている看板なので、文字などを入れることでオリジナリティも出せます。
和のテイストを取り入れたいのであればぜひ活用してみてください。
電飾ポスターパネル/イーゼル