デジタルサイネージに興味がある方必見!活用事例を紹介します!

デジタルサイネージに興味がある方で、
「どんなところで活用されているのか知りたい」
「実際に活用することでどんなことができるのか分からない」
このようなお考えをお持ちの方はいませんか。
今回は、デジタルサイネージの活用事例についてご紹介します。

□デジタルサイネージが活用されている場面を紹介します

以前は紙による広告が主流でしたが、最近はデジタルサイネージのような電子広告の普及が進んでいます。
駅前やショッピングセンターなど、多くの場所で使用されています。
このような街中でよく見かけるデジタルサイネージの利用目的としていくつかに分類できます。
では、実際にどのような目的で活用されているのか、いくつかの例を見ていきましょう。

1つ目はインフォメーションとしての活用です。
商業施設内の案内や交通機関の運行情報などがよく見られます。
紙媒体よりも利用者に明確で分かりやすく情報を伝えられるのが特徴でしょう。

2つ目は、販売促進活用です。
シーズンや流行などに合わせて商品の販売促進に活用されています。
店内や周辺施設で活用され、商品の紹介だけでなく告知としても活用されています。
看板を通して、いかに顧客にアプローチできるかが重要でしょう。

3つ目は、イベント活用です。
大きなイベントや展示会などで情報発信として活用されています。
一定期間内で行われるイベントをスムーズに運営する目的として活用されることが多いでしょう。

□デジタルサイネージを使用すると、どんなことが表現できるのか

ここまでデジタルサイネージの活用例をご紹介しました。
なぜ、これだけ多くの活用例があるのでしょうか。
その理由の一つにデジタルサイネージを使用することで様々なことを表現できることがあります。

より大きなディスプレイで表示することによって、インパクトのある宣伝や情報を発信できます。
インパクトが大きいことで人の頭に残りやすくなります。
時間帯や状況に応じて表示方法を変えられるので、よりピンポイントに情報を与えられるため、より重要な情報や販売したい商品の宣伝などを効果的に行えるでしょう。

また、明るい画面で表示されることによって、夜などの暗い場合でも高い視認性を保てることや、タッチパネル式を採用することで、利用者はより詳しい情報を得られます。

□まとめ

デジタルサイネージの活用事例についてご紹介しました。
当店では、裸眼でも3Dに見える液晶サイネージ「RAGAN」をはじめとする、現代らしいニーズに沿ったデジタルサイネージをお届けします。
ぜひ一度当店ホームページからご確認下さい。デジタルサイネージ

<お知らせ>
【飲食店様応援企画!】テイクアウトOKポスター画像無料配布中!! → 詳しくはこちらから!