デジタルサイネージのコンテンツの決め方を解説します!

デジタルサイネージを運用する際に、どのようなコンテンツを配信するのかが重要です。
しかし、どうやってコンテンツを決めれば良いか分からない人もいるのではないでしょうか。
そこで今回は、デジタルサイネージのコンテンツを決める方法をご紹介します。
コンテンツを決める際は、ぜひ参考にしてみて下さい。

□どのようにしてコンテンツを決めれば良いのか?

コンテンツを決める際は以下の2つのポイントから考えてみると良いのではないでしょうか。

1つ目は設置場所に合わせた選び方です。
伝えたい情報だけを考えてコンテンツを決めるよりも、設置する場所に合わせた雰囲気作りが重要です。
雰囲気を考えることで発信する情報をより伝えやすくなるでしょう。

2つ目は注意を引くこと、伝えることの2つを意識する選び方です。
伝えたい情報がある場合はまず人の注意を引かなければなりません。
また、注意を引いた後にいかに伝えたい情報を伝えられるかも重要です。
そのため、どちらか1つを意識するのではなく両方意識する必要があるのです。

デジタルサイネージをうまく活用するために上記のポイントを意識してみて下さい。

□コンテンツにはどのような種類があるのか紹介します

コンテンツにはどんな種類があるのでしょうか。
今回は3つの種類をご紹介します。

*静止画

静止画はコンテンツとして制作することが比較的容易にでき、スタンダードとして用いられています。
普通のポスターとは異なり、随時表示する内容を替えながら連続して表示できます。
また、ポスターよりも鮮明な画像表示ができることも特徴でしょう。

*動画

デジタルサイネージが持つ大きな特徴は、コンテンツとして動画を使えることです。
静止画だけでは伝わらない情報を流せるだけでなく、よりインパクトを与えられます。
動画と共に音声を流すことでさらにリアルを演出できるでしょう。

*Web

ディスプレイとパソコンを接続することで、webページとして表示できます。
タッチパネル式で利用することが可能である場合は、その場で利用者が操作でき、知りたい情報を正確に得られます。
また、センサーやカメラを設置することで、ディスプレイを見ている人を認識して、よりエンターテイメントなコンテンツを配信できるでしょう。

□まとめ

当店でも、さまざまなデジタルサイネージをご用意しております。
注目アイテムは、裸眼でも3Dに見える液晶サイネージ「RAGAN」や好奇心をくすぐる「消毒サイネージ」です。
現代のニーズに沿ったデジタルサイネージをお届けしますので、ぜひ一度当店ホームページをチェックしてみて下さい。
デジタルサイネージ

<お知らせ>
【飲食店様応援企画!】テイクアウトOKポスター画像無料配布中!! → 詳しくはこちらから!