デジタルサイネージにかかるランニングコストについて解説します!

デジタルサイネージを使用する際、ランニングコストはどのくらいかかるのか気になっている方はいませんか。
今回は、デジタルサイネージにかかるランニングコストについてご紹介します。
デジタルサイネージを使用する際は、ぜひ参考にしてみて下さい。

□デジタルサイネージにかかるランニングコストとは?

デジタルサイネージを使用する際は、導入するためのコストだけでなく、運用にかかるコストも理解しておく必要があるでしょう。
では、デジタルサイネージにかかるランニングコストのうち、いくつかの例をご紹介します。

*コンテンツの更新

効果的に集客やブランディングを行うためには、定期的にコンテンツを更新しなければなりません。
コンテンツの更新にかかるコストは、CMSを導入することによって変わります。
CMSを導入することで、手軽にコンテンツ内容を変更でき、更新するのに手間がかからないメリットがあります。
※CMS=コンテンツ管理システム

*電気代

デジタルサイネージを使用するには電気代もかかります。
かかる電気代は、一般的に1ヶ月で2000円以下であると言われています。
このコストを高いと感じるかは人それぞれではありますが、効果的に集客やプロモーションができると考えればお得ではないでしょうか。

*保守やサポート

デジタルサイネージの保守やサポートにかかるコストは、一般的に毎月3000円から5000円と言われています。
サービス業者によって料金が変わってくるため、事前に確認しておくと良いでしょう。
また、別途で追加料金が必要になることもあるので注意が必要です。

□ランニングコストの1つである電気代を変動させる要素とは?

次は、先ほどご紹介したランニングコストの中の1つである、電気代はどのような要素で変動するのかをご紹介します。

1つ目の要素は、画面の明るさです。
デジタルサイネージの消費電力は、ディスプレイの輝度(明るさ)が関係しています。
屋内で使用する場合であれば、そこまで輝度の高いディスプレイでなくても十分でしょう。
一方、屋外で使用する場合は、太陽の光に負けないような明るさにするため、より輝度が高いディスプレイが必要です。

2つ目の要素は、ディスプレイの大きさです。
ディスプレイの大きさも消費電力に関係しています。
大画面であるほど消費電力が大きくなるので覚えておくと良いでしょう。
飲食店や店舗などで看板の代わりとして使用する場合は、43インチほどのサイズが持ち運びもしやすいため便利です。

□まとめ

今回は、デジタルサイネージにかかるランニングコストについてご紹介しました。
当店では、さまざまなサイズや屋外用のものなど、現代のニーズに沿ったデジタルサイネージをお届けします。
デジタルサイネージ

<お知らせ>
【飲食店様応援企画!】テイクアウトOKポスター画像無料配布中!! → 
詳しくはこちらから!