デジタルサイネージの耐用年数ってどれくらい?

宣伝効果が高いことから今注目されているデジタルサイネージですが、その耐用年数はどれくらいなのか知らない方も多いかもしれません。
デジタルサイネージを導入するか悩んでいる方は、事前に耐用年数を知っておくことをおすすめします。
今回は、デジタルサイネージの耐用年数について詳しく説明します。

□デジタルサイネージの耐用年数とはどれくらいなのか

デジタルサイネージの耐用年数は、一般的には3~5年と言われていますが、法定耐用年数は3年とされています。
法定耐用年数とは、減価償却の際に計算される年数のことです。
つまり、設置されてから3年以上経ったデジタルサイネージの資産価値はゼロになると想定されているでしょう。
ただ、この法定耐用年数よりも長い期間使用できることがほとんどです。

耐用年数が経過した後は、さまざまなトラブルの発生が予想されます。
その1つとして、ディスプレイの故障が挙げられます。
コンテンツを表示する液晶ディスプレイの故障こそ、経年劣化によって発生するトラブルの中で最も多いものだと言えるでしょう。
また、電源ユニットの劣化が原因で、電源が入らないトラブルが発生することもあります。

□屋外型デジタルサイネージは故障のリスクを考慮しておくことが重要

屋外型のデジタルサイネージの場合、ディスプレイの寿命前に故障してしまう可能性があると考えておいた方が良いでしょう。
その理由は、屋外に置いていることで日射や降雪による数十度の温度差があり、ディスプレイに負担がかかるからです。
また、屋外型のデジタルサイネージのメンテナンスはあまり行わない傾向があり、時間が経つごとに確実に少しずつ劣化していきます。
そのため、いつか必ず訪れる故障のタイミングを見据えて、修理費の積み立てなどの対応を事前にしておくと良いでしょう。

当店では、さまざまなサイズ展開に加え、屋外用のアイテムもご用意しております。
また、裸眼でも3Dに見える液晶サイネージなど、現代らしいニーズに沿ったデジタルサイネージを取り揃えております。
デジタルサイネージの導入をご検討中の方は、一度当社のホームページをご覧になってみてはいかがでしょうか。

□まとめ

今回は、デジタルサイネージの耐用年数について詳しく説明しました。
宣伝効果の高いデジタルサイネージですが、その耐用年数は3~5年だと言われています。
耐用年数後の故障トラブルを把握したうえで、事前にしっかりと対応のための準備をしておくようにしましょう。

デジタルサイネージ

<お知らせ>
【飲食店様応援企画!】テイクアウトOKポスター画像無料配布中!! → 詳しくはこちらから!