LEDディスプレイのメリットとは?解説します!

ディスプレイには大きく分けて液晶ディスプレイとLEDディスプレイの2種類があります。
それぞれのディスプレイによって特徴が異なるため、どのようにディスプレイを選んだら良いかわからないという方もいらっしゃるでしょう。
今回はLEDディスプレイの特徴やメリットについて解説します。

□LEDディスプレイの主な特徴やメリットとは?

LEDディスプレイは液晶ディスプレイとは異なる点がいくつかあります。
まず、輝度が液晶ディスプレイに比べて明るいことでしょう。

輝度とは明るさを表す度合いのことで、液晶ディスプレイが700カンデラから2500カンデラほどです。
一方でLEDディスプレイの輝度は800カンデラから8500カンデラとかなり明るいです。
屋外に設置するディスプレイの場合は輝度が低いと昼間などの周りが明るい時間帯は見にくいでしょう。
そのため屋外に設置するディスプレイはLEDの方が見やすいでしょう。

また、以前のLEDディスプレイはLED球同士の幅が広かったため、近くで見ると画素が粗くみえるというデメリットがありました。
しかし、最近では幅を狭くして近くで見ても画素が粗くならない工夫が施されています。

2つ目は、発光原理が違うという点でしょう。
液晶ディスプレイは背面のバックライトがカラーフィルターを照射することによって画面に映したい色や柄を表現するという仕組みです。
これに対してLEDはLED球と呼ばれる画素を構成する小さな球体が直接発光することによって色や柄を表現します。
LEDの電球などの電気代が安いのは、発光の際にフィラメントなどを用いる必要がありません。
そのため、エネルギーを直接光に変えられるため、エネルギー効率が良いでしょう。

□LEDディスプレイの活用方法とは?

ここまでLEDディスプレイの特徴やメリットについて紹介しましたが、具体的にLEDディスプレイはどのように活用されているのでしょうか?
先ほども説明したように、LEDディスプレイは輝度が液晶ディスプレイに比べて高いため、ビルやスタジアムといった屋外での使用に向いています。

また、液晶ディスプレイと違ってバックライトなどの部品が入らないので、狭いスペースでの利用もできます。
実際の使用例としては、LEDディスプレイのつなぎ目のないシームレスなデザインを生かして空間演出に使ったり、視認性の高さを生かして広告や交通情報などの情報を表示したりすることがあります。

□まとめ

今回はLEDディスプレイの特徴やメリット、実際の使用例などを紹介しました。
LEDディスプレイは液晶ディスプレイに比べて導入費用が高くなる場合が多いですが、その分メリットも多いでしょう。
一度導入を検討されてみてはいかがでしょうか。

LEDディスプレイ

<お知らせ>
【飲食店様応援企画!】テイクアウトOKポスター画像無料配布中!! → 詳しくはこちらから!