デジタルサイネージの種類とディスプレイの種類について解説します

最近では駅や病院の待合室などでデジタルサイネージを使用することが増えてきました。
ところで、このデジタルサイネージには種類があることをご存知でしょうか?
中には、デジタルサイネージは全部同じようなものだと思っている方もいらっしゃるかもしれません。
今回はそのデジタルサイネージの種類についてご紹介します。

□デジタルサイネージの種類とは?

デジタルサイネージは大きく分けると2種類あります。
1つがスタンドアローン型と呼ばれるもので、もう1つがネットワーク型と呼ばれるものです。
スタンドアローン型とネットワーク型の大きな違いは情報の映し方に違いがあります。

スタンドアローン型はUSBなどの記憶媒体と呼ばれるデバイスにサイネージに映したい動画などを保存し、それを接続することで情報を表示します。
それに対してネットワーク型はサイネージ自体がインターネットにつながっており、記憶媒体の代わりにSTBという端末を使って情報を表示するという仕組みです。

スタンドアローン型の特徴としては、比較的コストが安く、複雑な操作なしに操作ができます。
ただし、情報を表示するディスプレイが多いと情報の更新の手間がかかるというデメリットもあるでしょう。

ネットワーク型の特徴としては、インターネットを通じて一括で配信を管理するため、配信内容の更新が手軽という点です。
ネットワーク型のデメリットとしては、スタンドアローン型よりも機器の構成が若干複雑という点が挙げられます。

□ディスプレイの大きさにも違いがある

ここまではデジタルサイネージの種類の違いについて仕組みの観点から解説しました。
デジタルサイネージはディスプレイのサイズにより、適した場所や使用方法があります。

電子POPと呼ばれる小型のデジタルサイネージは設置スペースをあまり取らないという点から、ホームセンターなどの陳列棚に設置されていることが多いでしょう。
顧客が音声や映像を通して商品の説明を受けられます。
そのため、商品と対応するコンテンツを流すことで高い効果が期待できるでしょう。
例えば購入見込み客に対して、詳細な情報で購入を後押しすることができます。

小型のデジタルサイネージに対して、大型のスタンド型デジタルサイネージは遠くからも見やすく、商品説明や集客という役割を果たせるでしょう。
ただし、大型のものは設置にある程度のスペースが必要で、さらに月々の電気代が小型のものに比べて高いでしょう。

□まとめ

今回はデジタルサイネージの種類について解説しました。
デジタルサイネージと一言で言ってもさまざまな種類があり、それぞれ特徴が異なります。
それぞれの特徴に合わせて最適な場所に設置しましょう。

デジタルサイネージ

<お知らせ>
【飲食店様応援企画!】テイクアウトOKポスター画像無料配布中!! → 詳しくはこちらから!