デジタルサイネージにおける費用対効果の測定方法について解説します

飲食店を経営されている方で、デジタルサイネージを導入したいという方はたくさんいらっしゃいますよね。
しかし、デジタルサイネージの費用対効果がどのくらいなのかわからないと導入を決めにくいですよね。
そこで今回は、デジタルサイネージの費用対効果について解説します。

□デジタルサイネージの効果とは?

一体デジタルサイネージはどのような効果があるのでしょうか。
デジタルサイネージは広告などのコンテンツを提示します。
そのため、コンテンツによってどれほど効果を発揮するかが変わるでしょう。
基本的なデジタルサイネージの効果としては、アナログのものよりデジタルの方が見やすいです。

デジタルサイネージはテレビのように人の注意を引きつけたり、コンテンツの更新が簡単だったりとメリットがたくさんあります。
また、お客さんに何かを買ってもらう際にはコミュニケーションを取った方が良いでしょう。
デジタルサイネージを導入することによってそのお店などの情報を伝えやすくなり、コミュニケーションがより円滑に進むでしょう。

□デジタルサイネージの費用対効果とは?

デジタルサイネージにはさまざまな効果があることを説明しました。
では、デジタルサイネージの費用対効果はどのように測れば良いのでしょうか。

例えば、そのサイネージに動画の特典付きのQRコードや電話番号を表示しましょう。
そのQRコードや電話番号を経由してメルマガなどに登録した人数やアクセス数を集計するとおおよそ効果が測定できるでしょう。

通常の看板と違ってデジタルサイネージは電気代もかかります。
しかし、デジタルサイネージの効果を上げるにはやはり質の高いコンテンツを載せるといった工夫が重要でしょう。
デジタルサイネージは静止画の切り替えや動画を流すなど、アナログの看板よりも集客に向いているでしょう。

通行量の少ないところでは見てくれる方が少ないため、置き場所にも注意してください。
費用対効果を考えるのも大事ですが、コンテンツの内容に重点を置いて、どうしたらお客さんがそのお店に入ってくれるかを考えることの方が重要でしょう。

□まとめ

今回はデジタルサイネージの費用対効果について解説しました。
デジタルサイネージにはアナログのものにはない効果を期待できます。
これらの効果をどう活かすか、またコンテンツの内容をより人に見てもらえるようなものにするかどうかがデジタルサイネージの費用対効果を高める上で重要になってくるポイントです。

デジタルサイネージ

<お知らせ>
【飲食店様応援企画!】テイクアウトOKポスター画像無料配布中!! → 詳しくはこちらから!