デジタルサイネージを飲食店で使うメリットや表示するべきコンテンツとは?

現在さまざまな業態のお店でデジタルサイネージが導入されています。
導入を検討されている方の中には、実際に導入することでどのようなメリットがあるか、またどのようなコンテンツを表示したら良いかわからないという方もいらっしゃるでしょう。
今回はデジタルサイネージを導入するメリットなどについて解説します。

□飲食店でデジタルサイネージを使用するメリットとは?

デジタルサイネージを飲食店で使用することによるメリットは主に2つあります。
1つ目が効果的な集客が可能になる点です。
飲食店が新規客を獲得するのに、お客さんが飛び込みで入ってみるというのが1番多いきっかけであることが日経MJ調査により明らかになっています。
実際に、道を歩いていてたまたま見つけたお店に飛び込みで入った経験のある方はかなり多いでしょう。

道を歩いている人の視界に広告が入ってから前を通り過ぎるまで約5秒間と言われています。
この5秒間でお店に興味を持ってもらうかどうかで新規来店につながるかどうか決まると言えるでしょう。
デジタルサイネージは静止画の切り替えをしたり、動画を流したりして通行人などの注意を引きつけやすいため、新規のお客さんの獲得がしやすいというメリットがあります。

もう1つのメリットは業務の効率化につながる点です。
飲食店にとっての1番重要な作業は営業時間以外の仕込みです。
提供する飲み物や料理が飲食店の主役なので、仕込み以外の業務にかける時間をなるべく減らしたいと考えるでしょう。
デジタルサイネージを導入することによって業務の効率化が期待できます。

デジタルサイネージはディスプレイに広告を表示するだけなので、広告を印刷する費用が省けます。
また、PCなどで簡単に編集、更新ができるので手間もかかりません。
飲食店にデジタルサイネージを導入することで上記のようなメリットが得られます。

□飲食店によって表示すべきコンテンツが異なる?

デジタルサイネージは静止画から動画までさまざまなコンテンツを表示できます。
しかし、飲食店によってジャンルが違うように、表示するのに適したコンテンツもお店によって違います。
特に色は見た人の心理に大きく影響を及ぼすので、非常に重要な要素です。

例えば、ファストフードの広告の場合は赤色の広告が適しているでしょう。
赤色は食欲を刺激しますが、その場所に長居する気持ちにさせない効果があるので、ゆっくりと時間を過ごすタイプの飲食店には向いていません。

逆に緑はお客さんにゆっくりしてもらいたい飲食店に適しています。
加えて緑はヘルシーや健康といったイメージも連想させるので、この点も活かせるでしょう。
また、茶色も緑色と同様にリラックス効果があるので、高級感のあるコース料理などを提供する飲食店に適しているでしょう。

□まとめ

今回は飲食店にデジタルサイネージを導入するメリットなどについて解説しました。
デジタルサイネージの導入によりさまざまなメリットが得られ、表示するコンテンツの内容を工夫することで更なる集客が期待できます。
一度デジタルサイネージの導入を検討してみてはいかがでしょうか。

デジタルサイネージ

<お知らせ>
【飲食店様応援企画!】テイクアウトOKポスター画像無料配布中!! → 詳しくはこちらから!