デジタルサイネージのコンテンツを更新する際の注意点とは?

デジタルサイネージを運用する際、定期的にコンテンツを更新する必要性をご存知ですか。
今回は、コンテンツを更新する際の注意点を解説します。

□デジタルサイネージに映すコンテンツの画素数に注意

デジタルサイネージに映すコンテンツの画素数を気にしたことはありますか。
画素数とは、解像度ともいい、画像の鮮明さを表したものをいいます。
画像のサイズは、ディスプレイが反映できる解像度以上であっても、画質に影響を与えないことを理解しておきましょう。
そのため、撮影した高解像度の画像をコンテンツとして利用したい場合、そのままデジタルサイネージに活用するのではなく、編集ソフトを用いて適切な解像度にすることをおすすめします。
使用する機材の処理速度を超えるデータを使用した場合、故障してしまう恐れがあるからです。
フルHDのデジタルサイネージであれば、1920×2160ピクセルが適しているでしょう。
当社は、液晶サイネージとLEDサイネージの二種類を販売しています。
液晶サイネージは、人の目に優しく、画質が良いという特徴があり、LEDディスプレイは、高輝度で視野角が広いといったメリットがあります。
興味がある方は一度検討してみてはいかがでしょうか。

□デジタルサイネージのコンテンツは質を意識する必要がある

デジタルサイネージを効果的に利用するためには、コンテンツの質を向上させることが大切です。
質が保たれていないコンテンツだと、伝えたい情報を相手に正確に伝えられない可能性があるからです。
質の高いコンテンツを作るためには、あらかじめデジタルサイネージを利用して誰に、何を伝えたいのかを明確にしておきましょう。
コンテンツを作成する方法は大きく分けて2つあります。

1つめは、製作会社に依頼することです。
製作会社にコンテンツ作成の依頼をするメリットは、高品質のコンテンツを作ってもらえることです。
デザインのプロであるので、ターゲットと伝えたいことを詳細に伝えることで、最適なコンテンツが完成するでしょう。
デメリットとしては、依頼する際に費用がかかってしまうことです。
2つめは、自作でコンテンツを作る方法です。
自分で作るメリットは、すべて一から作り出せることです。そのため、完成した時の満足度は高くなるでしょう。
一方で、ある程度の知識がないと質の高いコンテンツ作りは難しいかもしれません。

□まとめ

デジタルサイネージに映すコンテンツを作成する際には、画素数に注意しておきましょう。
また、ただコンテンツを更新するだけではなく、質にもこだわることが重要です。
他にもコンテンツを更新する際に注意すべき点は多くあるので、しっかりと把握し、効果的に利用しましょう。

デジタルサイネージ

<お知らせ>
【飲食店様応援企画!】テイクアウトOKポスター画像無料配布中!! → 詳しくはこちらから!