効果的な運用方法!デジタルサイネージを上手く活用しよう

デジタルサイネージとは、電子掲示板のことをいいます。
正しく利用すれば、かなり役に立つものですが、具体的な運用方法を知らない方も多いと思います。
そこで今回は具体的な運用方法を解説します。

□デジタルサイネージの効果的な活用方法

デジタルサイネージが具体的にどのような場面で活用されているのか分からない方もいらっしゃるでしょう。
知らない方も多いと思いますが、マーケティングで活用されている事例はかなり多いです。
マーケティングでの活用方法は、大きく分けて2つあることはご存知でしたか。
1つめは、販促表示です。
販促表示を多く利用している場所として、百貨店が例としてあげられます。
百貨店でデジタルサイネージを活用して、店舗のイメージをアピールしている場面はよくあります。
電子掲示板の大きな特徴である、動きのある広告に誘われて入店したことがある方もいらっしゃるかもしれません。

2つめは、広告表示です。
広告表示は、駅や空港で活用されることが多いです。
駅のホームで待っている時に、電光掲示板でニュースや広告が流れてくるのをみた方も多いのではないでしょうか。
広告として使用するメリットには、運用コストを削減できること、交通情報や天気予報などをタイムリーに配信できることがあげられます。

当社は、様々な種類のデジタルサイネージを販売しています。
例えば、液晶型のものやLED型のもの、スタンド型のものや天吊り型のものなどです。
それぞれの使用用途に応じて、柔軟に対応できるので、デジタルサイネージを検討している方におすすめです。

□音を出さずに情報を発信できるメリットを活用した事例

デジタルサイネージの効果的な活用方法について解説しましたが、使用するメリットにも触れておきます。
もっとも大きなメリットとして、映像コンテンツと同時に音も流すことができるます。そのため高い訴求力が期待できます。
もちろん逆も然りで、音無しで映像のみでも使用できます。
例えば、病院や薬局などでは、大きな音を出して情報を伝達することは難しいですよね。
しかし、デジタルサイネージを活用すれば、音を発することなく情報を発信できます。
また、駅や百貨店などのように大きな音が出る場合でも、情報を正確に伝えらるでしょう。
オフィスなどでも活用されているのをみたことがある方もいらっしゃるかもしれません。
会社のPRや、フロアの案内で使用されることが多いようです。

□まとめ

デジタルサイネージは、正しく運用することで、様々な場面で活用できることを理解していただけたと思います。
また、マーケティングで活用すれば、より多くの集客を期待できるでしょう。
使用されている場所についても解説したので、実際に活用されている場面を確認してみるのも面白いと思います。
一度、街中のデジタルサイネージを探してみてはいかがでしょうか。

デジタルサイネージ