集客効果抜群?デジタルサイネージとは何かをご紹介します

街中で見かける機会が多くなったデジタルサイネージ。
そもそもデジタルサイネージってなに?
動画を流せるの?静止画は?導入のメリットはある??
今回は、そんなデジタルサイネージの特徴と使用するメリットについて解説します。

□デジタルサイネージとは何か

デジタルサイネージとは、簡単に解説すると、電子看板のことをいいます。
身近に利用されている例として、駅の電光掲示板やビルの壁に設置された大型ディスプレイなどがあります。
使用用途としては、大きく分けて3つあることを押さえておきましょう。
1つめは、広告や販促です。
動画や音楽を流せるので、お客様の目に入る機会が増えます。
効果的に利用すれば、より多くの集客を見込めるようになるでしょう。

2つめは、情報提供です。
具体例として、駅や空港での待ち時間を把握する際や、電光掲示板による天気予報やニュース速報などがあります。

3つめは、空間演出やエンターテイメントです。
スポーツ会場や、商業施設などのプロジェクションマッピングで使用されています。
一度は見たことがある人もいるでしょう。

□デジタルサイネージを活用するメリットとは

上記で、デジタルサイネージの活用方法について解説しました。
具体的に使用するメリットについて気になっている方もいらっしゃるでしょう。
活用するメリットとしては、大きく分けて5つあります。
即時性、柔軟性、表現力、運用性、利便性の点が挙げられます。
ネットワークに繋ぐため、情報をタイムリーに伝えられるので、即効性を感じるでしょう。

特に、地震などの災害が発生した際には、力になるでしょう。
また、すぐに看板の内容を変更できるので、柔軟に情報を発信できます。
ターゲットを絞って配信できるため、より宣伝の効果を高められるでしょう。
一つのディスプレイで、複数の情報を配信できるのもメリットの一つです。
複数の画面を利用する際、一人で簡単に運用できるので、運用性が高く、コスト削減にもなります。

当社は、スタンドタイプ型や天吊りタイプ型など、様々な形状のデジタルサイネージを扱っています。
また、サイズも小型から大型と幅広く、いずれも高画質です。
使用する場面に応じて、適切なものがきっと見つかるでしょう。
デジタルサイネージの導入に興味がある方は、一度検討してみてください。

□まとめ

デジタルサイネージとは、複数の映像コンテンツを活用して、複合的な情報発信が出来る電子看板です。
屋外広告と違った特徴があるので、他の広告媒体と差別化できます。
特徴を詳しく知った上でうまく活用しましょう。
デジタルサイネージについて気になっている方は今回の記事を参考にしてください。

デジタルサイネージ

<お知らせ>
【飲食店様応援企画!】テイクアウトOKポスター画像無料配布中!! → 詳しくはこちらから!