「デジタルサイネージに使用するコンテンツを知りたい!」
「店頭にデジタルサイネージを導入しようか悩んでいる。」
このようにお考えの方が多いのではないでしょうか。
人通りの多い街中では、デジタルサイネージの看板をよく目にします。
デジタルサイネージのパネル上には、様々なコンテンツが表示可能です。
そのようなコンテンツを把握して、店舗の効果的な集客につなげたいですよね。
そこで今回は「デジタルサイネージで使用できるコンテンツの種類」について詳しく解説します。

□デジタルサイネージで使用できるコンテンツ

デジタルサイネージで取り扱うコンテンツには「静止画」「Web」「動画」といったものがあげられます。
ターゲット層を意識した上で、それぞれの使用する目的や設置場所を明確にすることが大切です。

*静止画

静止画のコンテンツは扱いやすいため、街中でもよく目にします。
静止画を使用する場面は、人通りが多い通りの広告や案内板などが一般的です。
そのため、通行人の目に留まるようにレイアウトや設置場所を意識しましょう。
また、あまり文字や情報を詰め込むと、認識されにくくなります。
なるべく、簡潔で分かりやすい文章がおすすめです。

*動画

デジタルサイネージの特徴は、コンテンツに動画を使用できることです。
特に、静止画よりインパクトのある音声や動きを流せるため、ターゲットの足を止められるでしょう。
ただし、屋外では音声が流れる動画について制限がかかるかもしれません。
コンテンツ制作時には、設置場所のルールを確認しておきましょう。

*Web

デジタルサイネージ製品には、ディスプレイとの接続でWebページをデジタルサイネージ上に表示できる製品があります。
デジタルサイネージ向けにコンテンツを更新する必要がなく、お手軽に感じるでしょう。

□当社のおすすめ商品

当社では、様々なサイズのデジタルサイネージを取り揃えており、屋外用のアイテムも豊富です。
とりわけ、リノシリーズは昼間でもくっきり見えるディスプレイが特徴的です。
コンテンツをしっかり見てもらうために効果的でしょう。
店舗にお勤めの方は、導入を検討してみてはいかがでしょうか。

□まとめ

今回は「デジタルサイネージに使用するコンテンツ」について詳しく解説しました。
デジタルサイネージのコンテンツには、静止画・動画・webの3種類に大きく分けられます。
ターゲットに合わせて見せ方や設置場所を使い分けましょう。
デジタルサイネージの導入をご検討の方は、当社までお気軽にお問い合わせください。