デジタルサイネージの解像度とは?詳しくご紹介します

「デジタルサイネージの解像度が知りたい!」
「解像度を高くすれば、集客が増加するって本当?」
このようにお考えの方が多いのではないでしょうか。
デジタルサイネージは様々なシーンで目にするようになりました。
特に、ディスプレイの解像度が高いデジタルサイネージは、見る人を惹きつけるでしょう。
そこで今回は「デジタルサイネージの解像度」について詳しく解説します。

□デジタルサイネージの解像度

*解像度とは

解像度とは、見た目のグラフィックやきめ細かさのことで、画素の密度を示す数値を指します。
写真や動画は点と点が集まって構成されているため、解像度が高いモニターほどコンテンツの細部まで表示できます。

*デジタルサイネージの解像度は高い方がいいの?

宣伝する情報を効果的に伝えるためには、解像度の高いモニターが適していると言えるでしょう。
紹介する商品の写真や案内するコンテンツが、見やすい方がお客様を惹きつけられます。
例えば、店舗のイベント情報や一押しの商品をおすすめする際には、高解像度でインパクト性があれば、人々の目を惹きつけられるでしょう。

* 予算内で必要な商品を選ぶ

デジタルサイネージを選ぶ際には、機能性だけでなく予算や目的、設置場所を検討する必要があります。
とりわけ、現在デジタルサイネージの解像度が4Kや8Kの商品が数々開発されています。
現在主流になりつつある4Kは、家電量販店のテレビでよく目にするのではないでしょうか。
今後は8Kの解像度がスタンダートになってくるかもしれません。
しかし、広告活動や集客活動において本当に大切なのは、「必要性に応じた」広告媒体を利用することです。
解像度だけでなく、予算を考慮した上で、デジタルサイネージの購入を検討しましょう。

□当社のデジタルサイネージ

当社の「リノマワホ46」は解像度が高く、昼間でもくっきりとコンテンツが見られる屋外対応のデジタルサイネージです。
画面サイズは約1メートルあるため、遠方からでも十分認識できます。
デジタルサイネージの集客効果が気になった方は、是非当社までお問い合わせください。

□まとめ

今回は「デジタルサイネージの解像度」について詳しく解説しました。
ディスプレイの解像度が高いほど、表示するコンテンツの細部まで表現できます。
特に、近年話題の高解像度ディスプレイは、お客様の目を惹きつけるでしょう。
とはいえ、グレードが上がると、その分導入費用がかかります。
店舗のニーズに合ったデジタルサイネージ選びが大切です。
ご不明な点がございましたらお気軽に当社までお問い合わせください。

デジタルサイネージ